矯正装置の種類・治療法

矯正装置の種類・治療法

永久歯列期の治療(本格矯正治療)

透明な装置(透明カバータイプ)

【1】透明な装置(透明カバータイプ)

透明なカバーを装着して治療をするため、矯正している事が他人から分かりません。

見えない矯正(歯の裏側に付けるタイプ)

【2】見えない矯正(歯の裏側に付けるタイプ)

表からは全く見えないため人に気づかれる事はありません。

白い装置(表側に付けるタイプ)

【3】白い装置(表側に付けるタイプ)

白い装置を使うため、あまり目立ちません。

固定式タイプ(患者さん自身では取り外しできません)

ポーター(側方拡大装置)

【1】ポーター(側方拡大装置)

歯列の幅を広げるための装置です。

リンガルアーチ

【2】リンガルアーチ

噛み合わせを改善するための装置です。

リンガルアーチ スプリング付き

【3】リンガルアーチ スプリング付き

スプリングで歯を移動するための装置です。

取り外しタイプ

拡大プレート

【1】拡大プレート

歯列の幅を広げるための装置です。

バイトプレート

【2】バイトプレート

噛み合わせを浅くするための装置です。

バイオネーター

【3】バイオネーター

上と下の歯の噛み合わせを改善するための装置です。

ビムラー

【4】ビムラー

下顎前突(受け口)を治すための装置です。

ムーシールド

【5】ムーシールド

歯の周辺の筋肉が歯に与える圧力をコントロールして受け口を治すための装置です。

保定装置(リテーナー)

矯正治療後は、きれいになった歯並びをたもっていく必要があります。

フィックスリテーナー

【1】フィックスリテーナー(固定式タイプ)

前歯の裏側に装着し前歯の位置を厳密に維持する為の装置です。

クリアーリテーナー

【2】クリアーリテーナー(取り外しタイプ)

リテーナー

【3】ベッグリテーナー(取り外しタイプ)

PAGE TOP