酸蝕予防

★1 酸蝕歯って?

歯のエナメル質は人間の身体で一番硬い組織ですが、食事や飲み物に含まれている酸や胃酸に触れると歯のミネラルが溶け出し一時的に柔らかくなります。この状態で歯ぎしりや歯磨き、食いしばりなどをするとエナメル質が削れやすく、これが日常生活で繰り返されると、歯が薄くなってしまいます。このように酸が主な原因で歯がすり減ったり、溶けてしまうことを『酸蝕歯』といいます。

★2 こんな人は酸蝕歯かも…

酸によるエナメル質のダメージは、自分では見つけにくいものです。
よく見られる症状としては、     
知覚過敏(冷たいものや熱いものがしみる)

歯の角が丸みをおびてみえる
歯につやがない
歯が黄ばんで見える
歯の先端部分が透けている
歯の表面にヒビや凸凹がある   etc……

★3 酸蝕歯を放置すると…

酸蝕歯の影響は元に戻すことはできません!!放置し続けると痛みが出たり、歯の神経を損傷したり、かみあわせがわるくなったり…と重大な症状を招く可能性があるので、疑いを感じたら早めの受診をオススメします。

★4 酸蝕歯の治療って何をするの?

お口の状態や、生活習慣によって異なることがありますが、主な治療方法としては
*軽度…歯の再石灰化(歯質の強化)を促す薬剤の塗布
*重度…虫歯の治療と同様に、詰め物や被せ物といった欠けた部分を修復する治療。さらに症状が進むと神経をとったり抜歯する場合も…

そして、どの症状の場合も日々の食生活や体調管理の改善が必要です。

★5 酸蝕歯にならないようにすべきこと

*体調管理
つわりや、嘔吐で胃酸によって酸蝕歯になることがあります。

産婦人科、内科や心療内科に相談しましょう。

*酸性の飲食物をCHECK!!
炭酸飲料や乳酸飲料、スポーツドリンクなどのソフトドリンク
クエン酸や黒酢ドリンク、栄養ドリンクなどの健康ドリンク
梅酒にワイン、チューハイなどのアルコール飲料
柑橘類の果物、ドレッシング、ヨーグルト、酢漬けなどの食べ物

 
 

ワインを飲む女性.jpg

健康意識で毎日摂っているものが身体には良くても、歯には悪い…ということもあるので注意が必要です。
Ph値(水溶液の性質を表す単位)は7.0を中性とし、それより数字が小さいと酸性、大きいとアルカリ性となります。
歯のエナメル質はPh5.5以下の酸性の飲食物で溶け始めます!!習慣的に摂取しているもののPhを調べてみましょう。

 

*酸性のものを飲食する前後にすべきこと
口の中に酸を長時間溜めない…口の中に酸性の飲食物が長くとどまると、歯は酸の影響を受けます。スポーツをしながらスポーツドリンクを飲む人や、お酒をチビチビ飲む人は要注意!量より時間がポイントです。

酸を中和しよう…酸性の飲食物をとったら、水やお茶を飲んだり、ブクブクうがいをしましょう!

就寝前は酸性の飲食を控える…就寝時は唾液の量が少なく、酸が中和されにくいです。

飲食後30分は歯磨きを控える…酸で軟らかくなっているエナメル質をゴシゴシ磨いてしまうと、削れてしまいます。飲食後はブクブクうがいをして、歯の軟化がおさまるとされる30分後に歯を磨いてください。

フッ素で歯質強化!
フッ素は歯質を強くし、酸に溶けにくい歯にしてくれます。歯磨き粉やジェル、洗口液など種類がありますので、歯科医師や歯科衛生士に相談してみましょう。

美味しい物や、身体に良いものはほとんど酸性食品です。酸蝕歯にならないよう、ポイントをおさえて健康な身体と歯を維持してくださいね!また早期発見のためにも定期的な歯科検診の受診をオススメします。

 
かんきつ類.jpg
PAGE TOP