今までの歯型取りと光学印象の違いは何ですか?

こうざき歯列矯正クリニック、院長の神崎です。

当院での検査時、今までは一般的な粘土のような形状の印象材を使った歯型取りを行なっていましたが、現在は口腔内スキャナー(i-Tero)を用いた歯型取りを行なっています。

i-Teroとは、光でスキャンをすることにより口の中の情報を読み取り、3次元データ化する機械です。
 
従来の印象材を用いた歯型取りに比べて患者さまへの負担が大幅に軽減されるだけでなく、そのデータを使い治療後のシュミレーションをお見せすることも可能です。

虫歯が無ければそのデータを用いてマウスピース型矯正歯科装置(アライナー)を作成する事も可能です。

もちろん、作成する装置によっては従来の歯形取りを行います。

今回は従来の歯型取りと光学印象(口腔内スキャナー)の違いについてご説明します。

✳ 負担は?
スキャナは今までの歯型取りに比べ、不快感はとても少ないと思います。
従来の歯型取りはスライムの様な材料を使って行いますが、嘔吐反射が誘発されてしまうことがあります。
口腔内スキャナーの場合はスライムのような印象材料で口の中がいっぱいになることがないので、嘔吐反射を引き起こすリスクが少ないのです。

✳ 精度はどちらが良いのか
従来の印象材による歯型取りは取った形に石膏を流して作るため、石膏が膨張したり、気泡が入ってしまったりする事があります。
口腔内スキャナーに関しては、データなので歪み等はほとんどありません。
模型にするときはデータを用いて3Dプリンターで行います。
よって、口腔内スキャナーの方が精度は高いといわれています。

✳ どうやって使い分けているの?
現在、当院では初診時の検査と、インビザライン の患者様は口腔内スキャナーを用いています。
その他装置に関しては従来の歯型取りを行います。
もちろん今後変わる可能性もあります。

PAGE TOP