意外としらない? ホワイトニングについて⑥

こうざき歯列矯正クリニック 歯科医師の山口です。

以前お伝えした通り、ホワイトニングを終えた直後から歯は着色したり、エナメル質の状態が元に戻ったりします。そのため、後戻りを少なくすることが白さをキープする上で1番大切です。

 

今回は“後戻り”を軽減するための方法についてお話しします。

 

1.ホワイトニング直後は要注意!

ホワイトニング直後は、歯の表面を覆うペリクルといわれるタンパク質の膜が過酸化水素によって剥がされているため、特に着色しやすい状態です。唾液中の成分によってペリクルが再生されるには約1日かかります。

 

2.着色しやすい食べ物に注意!

着色しやすい食事を好んでとっている方は、食生活を少し変えるだけでぐっと後戻りを軽減できます。次回詳しく、着色しやすい食事について解説します。

 

3.沈着する前に着色汚れをケア!

着色汚れ(ステイン)は、歯の表面のペリクルに色がつき、これが積み重なると歯の内部に沈着していきます。従って、汚れが沈着する前にしっかりとケアすることで、後戻りを軽減できます。着色汚れを除去する歯磨き粉や、歯医者さんでの定期的なクリーニングをすることで、沈着を防ぐことができます。歯磨き粉については、後日ご紹介する予定です。

 

4.定期的なメンテナンスで白さをキープ!

半年くらいを目安に、定期的な追加のホワイトニングをすることによって、白さのレベルをキープします。

 

次回は、ホワイトニング中に気をつけたい食事についてお伝えします。​

 

PAGE TOP