歯を抜かずに矯正治療できますか?

院長の神﨑です。

矯正治療で抜歯が必要となることは珍しくありません。
健康な歯をわざわざ抜くことに抵抗を強く感じる方が大多数だと思います。
もちろん、非抜歯で歯列を整えられる状態であれば、わざわざ歯を抜く必要はありません。

抜歯が必要となるのは、下記のような理由があるからです。

 

1. 歯を移動するスペース作り

日本人は顎が小さく歯が大きいため、顎に入りきらない歯が歯列からはみ出した状態で凸凹している方が多く見受けられます。
この凸凹を叢生(そうせい)と言います。
八重歯も叢生の一種です。
叢生を改善するために歯を間引く、つまり抜歯することがあります。

 

2. 標準的な歯の傾斜角度を目指すため

抜歯せずに無理やりアーチ状に歯を並べようとすると、スペースが足りない分アーチを外側(口唇や頬側)に大きく広げてスペースを稼ぎます。
その場合、歯の傾きが外側に倒れるため、理想的な傾きで歯をならべることができません。
傾きは機能的な噛み合わせを作る上で重要な要素の1つです。

 

3. 後戻りを軽減するため

スペース不足のアーチに無理やり歯をならべると、その分後戻りのリスクが高くなります。

 

4. 口元が出るのを避けるため

先ほど、抜歯せずに無理やり歯をならべるにはアーチを広げるとお話しました。

アーチが広がるということは、歯列全体が前方に突出することであり、その結果横顔の口元が盛り上がってしまいます。

 

当院では、患者様との共有意思決定(Shared decision-making in medicine:SDM)を目指します。
SDMとは、患者様と医師の両方が医学的な意思決定に貢献する過程をいいます。
我々歯科医師は患者様に様々な治療方法を説明し、患者様が自分の好みや独自の文化的および個人的な信念に最も合った治療法の選択肢を選べるようお手伝いいたします。

 

歯を抜かずに矯正治療を希望される方は、まずはご相談ください。

抱えている歯並びの問題を解決するために必要な治療方法を一緒に検討していきましょう。

PAGE TOP