口呼吸と歯並び

院長の神崎です。
 
皆さんは、鼻で呼吸していますか?
それとも口で呼吸していますか?
 
哺乳類の中で口呼吸をするのは人間だけだそうです。
口呼吸は、口腔内の乾燥、歯の着色、歯並びへの影響、風邪をひきやすくなるなど、デメリットがたくさんあります。
鼻が詰まりやすく口呼吸になりがちな方は、早めに耳鼻咽喉科を受診してみてください。

 

また、鼻は詰まっていないのに、なんとなくお口がポカンと開いてしまうという人もいます。
なんとなくお口がポカンと開いてしまう、、、という状態を治す対策としては、お口まわりの筋肉を鍛える事が効果的です。
そこで、お口まわりの筋肉を鍛えるための「あいうべ体操」をご紹介します。

①お口を大きく「あーいーうーべー」と動かします。声量は小さくて大丈夫ですが、出来るだけ大げさに動かします

②1セットずつ4秒程度でゆっくり動かします

③1日30セット(3分)を目標に!

お風呂で、トイレで、通勤通学の時間に。。。どこでも出来ます。
お口まわりの筋肉を鍛えましょう。

 
さて、口呼吸になってしまう原因には『鼻詰まり』『お口ポカン』の他にもいくつかあり、その中のひとつに『悪い姿勢=猫背』があります。
 
猫背は肩こりや頭痛の原因になるだけでなく、口呼吸の原因にもなり、そこからさらに歯並びにも影響を及ぼすことがあります。
猫背になると胸が拡がらず呼吸がしにくくなります。
胸で浅く小刻みに呼吸をする胸式呼吸しかできないため、 あごを突き出して口呼吸をするようになるのです。
また、口呼吸を続けていると、あごを突き出した前かがみの悪い姿勢になります。
口呼吸では口は常に開いた状態。
常に口に口腔内の乾燥はもちろん、唇で前歯を押さえることも出来なくなります。
舌も下がってしまうので、内側からの歯列の支えもなくなり、様々な不正咬合の原因になる可能性があります。
悪い姿勢は見た目が良くないだけでなく、口呼吸の原因となり、口呼吸から不正咬合になる可能性が考えられるのです。
“正しい姿勢で正しい呼吸”を心掛けましょう。
 
 
 
ちなみに本物の猫は、、、もちろん猫背です。
でも、それは猫としては正しい姿勢なので、問題なく鼻呼吸できるのでしょうね。
 
PAGE TOP