矯正中のフロスの通し方

以前患者様からフロスの通し方についてご質問がありました。

表側についた矯正装置でフロスをどうやって通すか、いくつかご紹介します。

①一般的なフロス

お店に売っている一般的なものでも使えます。
そのままフロスを入れても表側の装置とワイヤーがあるので途中までしか入りません。
途中までフロスが入ったら今度は内側に傾けましょう。
そうすると歯の根元までフロスが届きます。

 

②矯正用フロス

細いアームが歯とワイヤーの間に簡単に入ります

 

一般的なフロスも矯正用のフロスも歯と歯の間に通ったら前後に動かしましょう。
歯の壁の汚れを擦り取るに動かすと良いです◎

歯間の汚れは歯ブラシだけで全て落とすことは難しいです。
フロスを使うと効果的です。
試してみてください!

PAGE TOP