笑笑笑

皆さん

「笑気(しょうき)ガス」ってご存知ですか?

「笑気ガス」は亜酸化窒素のことなのですが、吸入麻酔の一種です。
全身麻酔とは違い、お鼻から吸入するとホロ酔い気分のような状態となり、意識はあるまま頭がぼんやりした感覚になります。
そのため、不安や恐怖心が和らぎ緊張がほぐれ、リラックスして治療を受けることができるようになります。
吸入をやめるとすぐに麻酔効果がなくなります。

歯科治療に恐怖心がある場合、特に小児歯科や口腔外科でしばしば利用されます。
副作用もなく、お子様にも安心して使用できます。
健康保険も適応されます。

当院では使用することはありませんが、矯正治療のために抜歯が必要になることを患者さまにお伝えする時に、皆さま「痛み」をとても心配されます。
もし抜歯の痛みがご心配であれば、
「笑気ガス麻酔」を行ってくれる歯科医院での抜歯をお勧めします。

 

笑気ガスはお鼻から吸入するため、鼻が詰まっていると使用できません。
また、効果の出方も個人差があります。
受診する歯科医院での説明を受けてご判断下さい。

ちなみに「笑気ガス」という名前ですが、吸うと笑ってしまうわけではありませんよ。
吸うと緊張が和らぎ、お顔が笑ったような表情になることから「笑気」という名前になったそうです。

ご心配なことがありましたら、いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。

PAGE TOP