インビザラインとワイヤー矯正(その1)

数年前から当院では、矯正治療の方法が大幅に変わってきました。
ワイヤー矯正からカスタムメードマウスピース矯正(以下インビザライン)に移行しています。
昨年当院で矯正治療を開始した患者さんでは、過半数の方がインビザラインを選んでいます

ワイヤー矯正とは、歯に針金を付け、その針金の弾力を利用して歯の位置を変える矯正治療です。
インビザラインとは、一人一人の歯の形に合わせた透明なマウスピースを作り、そのマウスピースの弾力で歯を動かす方法です。
ワイヤーもマウスピースも素材の弾力を利用すると云う点では、同じ原理です。
多少特徴の差はありますが、どちらも治療の結果に差はありません。

ワイヤーの矯正は100年前から原理は同じです。
インビザラインも基本的な構造は50年前から変わっていませんが、決定的な違いがあります。
ワイヤー矯正は、患者さんがクリニックに来てから、その日の状態を見て、歯科医師が何をするか考えます。
インビザラインは、治療を始める前に「○月○日には、どの歯が何mm動く様にする」という非常に細かいスケジュールを立てて治療を始めます。

学校も仕事も、行き当たりばったりでは良い結果になりません。
正確な計画がある程、確実な結果が得られます。
以前は、歯科医師の勘と経験が毎回必要でした。
残念ながら「勘違い」や「未経験」が無い人はいません。

一人一人の治療が確実に良い結果を得るには、「昔ながら」よりも「確実さ」が必要です。
より確実な結果を得る方法がインビザラインです。

PAGE TOP