アライナー矯正とワイヤー矯正

数年前から当院では、矯正治療の方法が大幅に変わってきました。
ワイヤー矯正からカスタムメードマウスピース矯正(以下アライナー)での治療を受けています。
昨年当院で矯正治療を開始した患者さんでは、過半数の方がアライナーを選んでいます

ワイヤー矯正とは、歯に針金を付け、その針金の弾力を利用して歯の位置を変える矯正治療です。
アライナーとは、一人一人の歯の形に合わせた透明なマウスピースを作り、そのマウスピースの弾力で歯を動かす方法です。
ワイヤーもマウスピースも素材の弾力を利用すると云う点では、同じ原理です。
多少特徴の差はありますが、どちらも治療の結果に差はありません。

ワイヤーの矯正は100年前から原理は同じです。
アライナーも基本的な構造は50年前から変わっていませんが、決定的な違いがあります。
ワイヤー矯正は、患者さんがクリニックに来てから、その日の状態を見て、歯科医師が何をするか考えます。
アライナー矯正は、治療を始める前に「○月○日には、どの歯が何mm動く様にする」という非常に細かいスケジュールを立てて治療を始めます。

学校も仕事も、行き当たりばったりでは良い結果になりません。
正確な計画がある程、確実な結果が得られます。
以前は、歯科医師の勘と経験が毎回必要でした。
残念ながら「勘違い」や「未経験」が無い人はいません。

一人一人の治療が確実に良い結果を得るには、「昔ながら」よりも「確実さ」が必要です。
歯並びを綺麗にするもう一つの選択肢がアライナー矯正です。

では、なぜ最近ではアライナー矯正を提案して、患者さんはそれを選ぶのでしょう?

理由は、矯正治療で患者さんが受ける負担が、アライナーの方が少ないからです。

私自身もワイヤー矯正の経験があるのですが、ワイヤーでの矯正は、何も考えずに普通に食事する事で、歯に付けたアタッチメントが外れる事があります。
そうするとワイヤーが頬や歯ぐきに刺さるので食事がし難くなります。

どんなに忙しくても、食事はぬけませんので、時間を作って来て頂く必要があります。
また、刺さってなくても、外れた事で治療は後退してしまいます。
なのでいずれにせよ、時間を作って来て頂く必要があります。

一方、アライナーの場合、状況だけ教えて頂ければ、必ずしも急いで来て頂く必要はありません。
もちろん例外はありますが、殆どの場合は食事にも影響しません。

ワイヤー矯正は、実績もあり優れた矯正装置なのですが、忙しい現代人のライフスタイルに合うかは疑問ですね。

PAGE TOP