インビザラインとワイヤー矯正(その2)

前回の続き…
では、なぜ最近ではインビザラインをお勧めして、患者さんはそれを選ぶのでしょう?

理由は、矯正治療で患者さんが受ける負担が、インビザラインの方が少ないからです。

私自身もワイヤー矯正の経験があるのですが、ワイヤーでの矯正は、何も考えずに普通に食事する事で、歯に付けたアタッチメントが外れる事があります。
そうするとワイヤーが頬や歯ぐきに刺さるので食事がし難くなります。

どんなに忙しくても、食事はぬけませんので、時間を作って来て頂く必要があります。
また、刺さってなくても、外れた事で治療は後退してしまいます。
なのでいずれにせよ、時間を作って来て頂く必要があります。

一方、インビザラインの場合、状況だけ教えて頂ければ、必ずしも急いで来て頂く必要はありません。
もちろん例外はありますが、殆どの場合は食事にも影響しません。

ワイヤー矯正は、実績もあり優れた矯正装置なのですが、忙しい現代人のライフスタイルに合うかは疑問ですね。

PAGE TOP