Eライン

こんにちは、歯科医師の大西です。

矯正治療と言うと、歯をキレイに並べるイメージがありますが、歯だけではなく口元全体の美しさも大切にしています。
口元を評価する基準としてEラインをご紹介します。
Eラインはエステティックラインの略語で、横顔における鼻の先端とオトガイ部最突出点を結ぶ直線です。
このEラインより若干口唇が後退した位置が審美的に優れていると考えられています。
このような指標を、抜歯、非抜歯などの治療計画を立てる上で参考にしています。

矯正治療で口元全体が美しくなったら、とてもよいですよね。

当院で歯並びがキレイになるだけでなく、口元全体の美しさを目指していきましょう。

金属アレルギーがあっても矯正治療は受けられますか?

院長の神﨑です。

 

金属アレルギーは、唾液や汗などと触れることで溶け出した金属が、皮膚や粘膜を介して体内に取り込まれることから始まります。取り込まれた金属は体内で異物と見なされ、体を守ろうと抗体が過剰に反応した結果、炎症などのアレルギー症状が起こります。

 

イオン化傾向が高い金属ほど溶け出しやすく、ニッケル、コバルト、パラジウム・クロム、鉄、銅などが金属アレルギーを起こしやすい金属と言われています。

 

したがって、イオン化傾向が低いチタン、ステンレス、金・銀、プラチナなどは金属アレルギーを起こしにくいといわれています。このような金属は、人体に埋め込むようなインプラント、人工骨、心臓弁、医療器具などに広く応用されています。

 

金属により、発赤・発疹・発熱・発熱・かゆみ等のアレルギー症状が出た場合は、まずは原因となる金属を除去する必要があります。さらに症状を悪化させないために、アレルギー反応を引き起こした金属の使用を避ける必要があります。

 

金属アレルギー症状がある場合は、まずはパッチテストという金属アレルギー検査を受けましょう。検査結果によって、アレルギーの原因物質が特定されるため、使える金属と使えない金属を知ることができます。

 

矯正治療はお口の中に金属がたくさんあるイメージがあると思いますが、セラミックやプラスチックでできた矯正装置もあります。また透明な樹脂でつくったマウスピースによる矯正は、金属を一切使用しません。ブラケット治療で必要なワイヤーもバイオメタルワイヤーというニッケルやクロムを含まない素材を使えば、金属アレルギーのリスクを軽減できます。このように金属を極力使わないことも一つの対策法です。

歯石

歯科衛生士の金井です。

 

歯石とは歯垢が硬くなったものです。

歯磨きで磨き残した歯垢が唾液のミネラルとくっついて歯石になります。

矯正では歯に直接装置を装着して固定するので、その装着周りに汚れがたまりやすくなります。

また装置の周り以外にもワイヤーの下、磨きづらいですよね。
そのワイヤーの下も汚れが残りやすいです。その汚れがやがて歯石になります。

歯石になるとどんな影響があるでしょうか?

よく聞く「歯周病」の原因の他に矯正治療でも影響があります。

歯石の特徴「硬い」が歯の移動を妨げます。

治療期間の延長にもつながるので歯石は取り除くことをオススメします。

しかし歯石になってしまうと自分では取れなくなってしまいます。
そのため、定期的に矯正歯科だけでなく一般の歯医者さんへ検診に行き、クリーニングしてもらうと良いです。

今は矯正に通っているから一般の歯医者さんは行っていないという方もいるかもしれませんが、矯正治療中も定期的に一般の歯医者さんに通うのがベストです!

きれいで健康的なお口と歯を保ちましょう!

PAGE TOP