矯正治療をするデメリットはありますか?

院長の神﨑です。

矯正治療におけるデメリットを挙げてみます。

 

⇒  歯が動くことによる痛み

⇒ 装置による口腔内の痛み(口内炎等)

⇒  見た目

⇒  着脱式装置(プレート、マウスピース型、保定装置、顎間ゴム等)の長時間使用の課題

⇒  治療期間が長い

⇒  口腔衛生管理が難しい(歯磨き等)

⇒  歯を抜くことがある

 

歯の痛みや、装置による口内炎、見た目の問題はマウスピース型矯正装置の登場により、緩和されてきました。
装置使用時間の課題や、治療期間についてはご自分の意志で矯正治療を開始されるのですから、覚悟を持って取り組んで頂ければ問題ないかと思います。
口腔衛生管理については、矯正装置がお口の中にあってもなくても、歯磨きがしっかりできていなければ虫歯や歯肉炎になります。
お口に装置がつくことで、ご自分の口腔内に今まで以上に意識を向けて、ぜひ正しい歯みがきの方法を身につけてください。

 

矯正治療にはデメリットだけではなくリスクもあります。

次回は矯正治療のリスクについて詳しくお話していきます。

 

矯正治療をご検討中の方はまずはお気軽にご相談ください。

当院ではメリットばかりではなくデメリットやリスクについてもしっかりお伝えし、その上でベストな方法をご提案いたします。

差し歯やクラウン、ブリッジ、インプラントがあっても矯正治療はできますか?

​院長の神﨑です。

差し歯とは、虫歯や外傷などによって歯の大部分が失われたときに適用となる人工の歯です。
神経を取って空洞になった歯根に対してポストを差し込む形であるためそう呼ばれ、外観に触れる人工歯と歯根に差し込まれるポストが一体になっています。

クラウンとは、歯全体を覆うように被せる人工の歯です。上記のように、神経を取った歯や歯質の欠損が大きい場合には、差し歯で治療できますが歯を削る量が多くなるため、最近では、コアと呼ばれる土台を入れてから、コアに対してクラウンを被せるのが一般的です。

ブリッジとは、失われた歯の左右に生えている健康な歯を支柱として「橋」をかけるように人工の歯を入れることをいいます。
健康な歯を削らなければならないことがデメリットではありますが、入れ歯と異なり義歯が固定されているため、違和感が少なく見た目が自然です。​

歯科用インプラントとは、歯を失った顎の骨に体になじみやすい材料(生体材料;チタン)で作られた歯根の一部あるいは全部を埋め込み、それを土台にセラミックなどで作った人工歯を取り付けたもので、一般には人工歯根と言われます。​

矯正歯科治療は、歯根から歯を動かしていくので、差し歯やクラウンの歯根がしっかりしていれば問題なく治療できます。

ブリッジに関しては、一塊になった複数の歯をそのまま動かすことはほとんどしません。
一度ブリッジを外して、プラスチックの仮歯に置き換えてから治療することがほとんどです。

差し歯やクラウン、プラスチックの仮歯は材質上、天然の歯と比べると装置を付ける歯科用接着剤がつきにくいため、治療途中で矯正装置が外れるリスクが高いです。
対処として表面に、わざと傷をつけることで接着力を高める処置を行うことがあります。

一般的に、差し歯やクラウン、ブリッジはよくない歯並びの状態に合わせて作られていることがほとんどなので、矯正治療後にそれらを作り直す必要があります。
新しい噛み合わせに合わせて作り直した方が機能的にも審美的にも優れていると言えます。

もしくは、差し歯やクラウンを抜歯してスペースを閉鎖したり、ブリッジの歯のない部分のスペースを閉鎖したりする場合もあります。

インプラントの場合は、顎骨に固定されているため、人工歯根を動かすような治療は行いません。
インプラントの歯を中心に歯並びを作ることが一般的です。そのため完全な咬合が作れない場合もあります。
一方で、人工歯根は強度なアンカーとして利用できるため、効率的に歯を動かすことができる場合もあります。

結論として、差し歯やクラウン、ブリッジ、インプラントがあっても矯正治療は多くの場合問題なく受けられます。

ご不明な点がございましたら、当院までご相談ください。

矯正治療中もかかりつけの一般歯科に通った方がいいですか?

院長の神﨑です。

矯正治療中は1〜2ヶ月に1度のペースで通院していただきますが、1回30分〜60分の診療時間のうち、歯を動かす以外の虫歯チェックやクリーニングに費やすことができる時間はごく僅かです。

矯正治療中は何らかの装置がお口に入っていることがほとんどですので、一般歯科で日常ケアとして歯のクリーニングと虫歯のチェックを是非受けて下さい。矯正治療中は3ヶ月〜6ヶ月毎の定期検診で虫歯ができていないかの確認をおすすめします。

クリーニングは歯のエステ感覚で毎月受けることをおすすめします。
バイオフィルムといって、歯垢が口腔内に長時間停滞し膜状になってしまった細菌の塊は、残念ながら普段の歯磨きだけでは落とせません。
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)といって歯科衛生士などの専門家が、専用の機器で歯石やステインも落としていきます。
所要時間は約1時間。料金は5千円〜1万円程度の自費治療となります。

歯周疾患に罹患している場合は、保険でクリーニングが受けられますが、1度に受けられるクリーニングの範囲が規定されているため、口腔内全体を綺麗にすることはできません。

人生100年時代の到来です。

一生涯ご自身の綺麗に並んだ健康な歯で、好きなものを美味しく食べて、素敵な笑顔で過ごすための自己投資と考えていただければ、クリーニングにかかる費用もご納得いただけるのではないでしょうか?

当院では、併設のホワイトエッセンス(センター北)にてクリーニングを行っております。

8千円〜1万3千円(税抜)のメニューをご用意しておりますので、ご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

矯正治療は何歳まで受けられますか?

院長の神﨑です。

矯正装置によって歯に力が加わると歯が動くのは、子供でも大人でも同じことです。
硬い顎骨の中を歯が動くしくみは、歯や歯茎を支える歯槽骨が溶けて柔らかくなったり、骨成分が添加されて硬くなったりを繰り返す代謝によって起こります。

したがって、歯槽骨に問題がなければ基本的には何歳でも矯正治療を受けることができます。

ただし、大人は子供に比べて代謝が低く、歯周病に罹患している可能性もあります。
骨代謝が低いと歯が動くスピードが遅かったり、歯周病があると矯正治療を始める事前処置に時間がかかったりします。
歯周病の状態で矯正治療を行うと、歯槽骨が溶けたまま添加が起こらず、ますます骨量が減少し、結果として歯茎の位置が下がり歯と歯の隙間が大きく目立つ原因になります。

以上を踏まえた上で、見た目の改善だけではなく、歯並びの改善による歯周病や虫歯予防の観点から、矯正治療を検討することはとても有意義です。

よく噛める健康な自分の歯があることが、心身の健康によい影響を及ぼすことが世間に広く知られてきたこと、歯に対する健康や美意識の高い方が増えたことによって、矯正治療を検討されるシニアが増えてきています。

「矯正治療は子供の治療」と諦めてしまう前に、矯正歯科の専門医に一度ご相談ください。

ブラックトライアングルってなんですか?

院長の神﨑です。

ブラックトライアングルとは、歯と歯の間と歯茎に囲まれた部分できる三角形の隙間です。
お口の中は暗く、その隙間が黒い三角形に見えるのでブラックトライアングルと言われます。このような状態になると、特に前歯部では審美障害、発音障害(会話時に空気が漏れる)、プラークや食物の停滞などといった様々な障害がおこります。

 

ブラックトライアングルの原因には、いくつかの要因が挙げられます。

① 歯肉炎や歯周病によるもの

細菌が産生する毒素によって歯茎が腫れた状態の歯肉炎が、歯を支える骨(歯槽骨)にまで達して歯周病へ進行すると、歯槽骨が次第に溶けて破壊され、骨の高さが低くなります。
その上に付着する歯茎の位置も同様に下がることで、ブラックトライアングルができます。
炎症による歯茎の腫れにより三角形の隙間が目立たないことが多く、治療によって歯周病が改善され歯茎の炎症が治まり腫れが引くことで、ブラックトライアングルが目立つ場合もあります。 

 

② 加齢によるもの

加齢により代謝が低下することで、歯を支える骨や周辺組織の細胞活性が下がり、歯槽骨の高さは低くなっていきます。
そのため、加齢とともに歯茎が退縮しブラックトライアングルが形成されます。

 

③ 咬合性外傷によるもの

過度の咬合力や干渉により、歯だけではなく、それを支える骨や周辺組織に損傷が生じることでブラックトライアングルが形成されます。

 

④  歯磨き方法によるもの

硬い歯ブラシを使ったり、強い力で磨いたりし過ぎると、歯茎を傷つけてしまいブラックトライアングルが形成されます。

 

⑤  体質によるもの

歯槽骨がもともと薄い人、歯肉がもともと薄い人、歯の形が三角形に近い人は、そうでない人に比べてブラックトライアングルが形成されやすい傾向にあります。

 

⑥  矯正治療によるもの

でこぼこしていた歯並びでは、その間の歯肉も重なって隙間が見えていない状態だったため、歯を正しい位置に並べることで歯茎の隙間であるブラックトライアングルが目立つようになるケースや、成人のワイヤーによる歯列矯正治療では、骨吸収と骨形成という仕組みを使って歯を正しい位置に並べ替えるため、骨吸収により溶けた歯槽骨が代謝の低下によって元の状態まで再生されず、歯茎が下がってブラックトライアングルが形成されることがあります。

 

ブラックトライアングルの改善方法としては、結合組織移植などの歯周外科処置、咬合調整(原因が外傷性咬合の場合)、IPR(歯冠形態修正)などで解決できます。​

IPRは、歯と歯の間を0.1~0.5ミリ程の範囲でやすりがけする方法で、IPRを行ったあと隙間を閉じることによりブラックトライアングルが目立ちにくくなります。
PAGE TOP