金属アレルギーがあっても矯正治療は受けられますか?

院長の神﨑です。

 

金属アレルギーは、唾液や汗などと触れることで溶け出した金属が、皮膚や粘膜を介して体内に取り込まれることから始まります。取り込まれた金属は体内で異物と見なされ、体を守ろうと抗体が過剰に反応した結果、炎症などのアレルギー症状が起こります。

 

イオン化傾向が高い金属ほど溶け出しやすく、ニッケル、コバルト、パラジウム・クロム、鉄、銅などが金属アレルギーを起こしやすい金属と言われています。

 

したがって、イオン化傾向が低いチタン、ステンレス、金・銀、プラチナなどは金属アレルギーを起こしにくいといわれています。このような金属は、人体に埋め込むようなインプラント、人工骨、心臓弁、医療器具などに広く応用されています。

 

金属により、発赤・発疹・発熱・発熱・かゆみ等のアレルギー症状が出た場合は、まずは原因となる金属を除去する必要があります。さらに症状を悪化させないために、アレルギー反応を引き起こした金属の使用を避ける必要があります。

 

金属アレルギー症状がある場合は、まずはパッチテストという金属アレルギー検査を受けましょう。検査結果によって、アレルギーの原因物質が特定されるため、使える金属と使えない金属を知ることができます。

 

矯正治療はお口の中に金属がたくさんあるイメージがあると思いますが、セラミックやプラスチックでできた矯正装置もあります。また透明な樹脂でつくったマウスピースによる矯正は、金属を一切使用しません。ブラケット治療で必要なワイヤーもバイオメタルワイヤーというニッケルやクロムを含まない素材を使えば、金属アレルギーのリスクを軽減できます。このように金属を極力使わないことも一つの対策法です。

歯石

歯科衛生士の金井です。

 

歯石とは歯垢が硬くなったものです。

歯磨きで磨き残した歯垢が唾液のミネラルとくっついて歯石になります。

矯正では歯に直接装置を装着して固定するので、その装着周りに汚れがたまりやすくなります。

また装置の周り以外にもワイヤーの下、磨きづらいですよね。
そのワイヤーの下も汚れが残りやすいです。その汚れがやがて歯石になります。

歯石になるとどんな影響があるでしょうか?

よく聞く「歯周病」の原因の他に矯正治療でも影響があります。

歯石の特徴「硬い」が歯の移動を妨げます。

治療期間の延長にもつながるので歯石は取り除くことをオススメします。

しかし歯石になってしまうと自分では取れなくなってしまいます。
そのため、定期的に矯正歯科だけでなく一般の歯医者さんへ検診に行き、クリーニングしてもらうと良いです。

今は矯正に通っているから一般の歯医者さんは行っていないという方もいるかもしれませんが、矯正治療中も定期的に一般の歯医者さんに通うのがベストです!

きれいで健康的なお口と歯を保ちましょう!

歯科矯正用アンカースクリューって痛い?

院長の神﨑です。

歯科矯正用アンカースクリュー植立は、少量の麻酔で、短時間かつほとんど痛みなく処置が可能です。
所要時間は麻酔を効かせる時間を含めて20〜30分程度です。

麻酔の効果が切れると多少の痛みが生じますので、痛みが出る前に術後すぐ痛み止めを服用していただきます。ご帰宅後に、お渡しした痛み止めを服用される方はほとんどいらっしゃいません。

また抜歯と同様、感染が起こらないように抗生物質も処方いたします。

ほとんどの方が、「想像していたよりも大したことない」 とおっしゃいます。中にはインプラント植立したことに気付かず、「もう終わったの?」とおっしゃる方もいるので、歯科矯正用アンカースクリューに対する心配は無用の不安かもしれません。

 

とはいえ患者様の恐怖は十分理解しておりますので、なるべく痛みが少ないように表面麻酔を使用し、極細針でコンピューター制御による自動麻酔注射を行います。

また術中はパルスオキシメーターを人差指に装着して頂き、脈拍や動脈血酸素飽和度を測定しながら行なっていきます。安心して手術をお受けください。

歯科矯正用アンカースクリューって何ですか?

院長の神﨑です。

歯科矯正用アンカースクリュー(矯正用インプラント)は、歯科用インプラントとは異なり、矯正治療中の一定期間使用する斬間的な装置です。もちろん、矯正治療終了時に除去します。治療痕等が残ることは殆どありません。

 

材質は歯科用インプラントと同様チタン製でできており、人体への為害性はなく、安全な材料と言われています。

 

古典的な矯正治療は、ワイヤーでつながった”歯と歯”が、お互いに引っ張り合うことで歯が移動するため、動かしたくない歯も動いてしまうというジレンマがありました。

海に浮いた2艘の船がロープで引っ張りあっているイメージです。

 

しかし、歯科矯正用アンカースクリューができたことにより、“歯と歯”ではなく、”歯と歯科矯正用アンカースクリュー”で引っ張りあって歯を移動させることができるため、動かしたい歯だけを、動かしたい方向に移動することが可能になりました。

海に浮いた2艘の船のうち、一艘が錨(いかり)を海底に下ろし固定されている状態でロープを引っ張りあうイメージです。

 

歯科矯正用アンカースクリューの登場によって、歯を効率的に動かすことが可能になり、治療期間の短縮はもちろん、治療法の幅も広がりました。

 

当院では、i-stationとACRの2種類のスクリューを使用しております。

 

一般的に歯科矯正用アンカースクリューの植立には2万円〜10万円の別途費用がかかりますが、当院では追加料金をご請求することはございません。ご安心ください。​

口呼吸

歯科医師の大西です。

近頃、だいぶ涼しくなってきて寒いくらいですね。

寒くなってくると風邪に注意が必要ですが、風邪をひいて鼻閉を起こすと、口を開けて呼吸する口呼吸をしがちです。
実は口呼吸も歯並びに影響します。
口呼吸で口が開いていると、舌が歯と歯の間にあるか、歯を内側から押しているため、上顎前突、開咬、空隙歯列などの原因になります。
このように鼻閉による口呼吸も歯列不正の原因となるため、鼻閉がある場合、その治療も率先して行った方がよいです。

今後ますます寒くなっていきますので、体調管理には気をつけましょう。

矯正治療上の抜歯の費用について

歯科衛生士の田中です。

矯正治療上の抜歯は《保険外診療》となります。

当院でレントゲン写真のコピーを添付している場合でも、必要に応じて抜歯を行う機関で再度撮影をする可能性があります

⚠︎下記はおおよその治療費です。

初診時
診察料+レントゲン撮影・診断料
おおよそ8,000円前後

小臼歯抜歯の場合(1本)
診察料+小臼歯抜歯+処方箋
おおよそ5,000〜10,000円前後

埋伏親知らず抜歯の場合(1本)
診察料+埋伏親知らずの抜歯+処方箋
おおよそ17,000円前後

自費診療のため、医療機関により異なります。
必ず直接ご確認をお願い致します。

舌の位置どこにありますか?

院長の神﨑です。

舌の正しい位置をご存知ですか?
「今舌はどこにありますか?」と聞くと「上?」「下?」「前?」とわからない方がいらっしゃいます。
そこで今回は舌の正しい位置を教えます。
 
まず、上の前歯の裏側にある膨らみ、ヒダでボコボコしている所をスポットポジションと呼びます。
このスポットに舌の先があててあり(この時前歯には触れてはいけません)、舌全体が吸い付いている状態が正しい位置となります。
ご存知でしたか?
 
下の歯の裏側に舌があった方は、スポットに舌を置くと違和感や筋肉痛が生じてくると思います。
舌が疲れて辛くなる方は舌の筋力が低下している証拠です。
舌の筋力が低下すると口呼吸になりやすく口臭、歯周病の原因にも関連します!!
 
皆さまも舌ポジションを意識してスポットに置いてくださいね。

矯正治療中にスポーツしても大丈夫ですか?

院長の神﨑です。

以前お話した楽器と比べると、矯正治療中にスポーツができなくなる、という話はあまり聞きません。

矯正治療をしながら活躍しているスポーツ選手をテレビ等でよく見かけるようになりました。

結論として、スポーツに関してはほとんど問題にならないようです。

むしろ噛み合わせの改善によって、パフォーマンスアップすると考える専門家も少なくありません。

ただし、日本中を熱狂の渦に巻き込んだラグビーのように、極端に激しいコンタクトスポーツは、矯正装置による口腔内の損傷を防ぐ目的でマウスガードを装着することをお勧めいたします。

マウスガードはスポーツ歯科や一般歯科医院で作製可能です。

フロスはどうして大切?

歯科衛生士の田中です。

皆さん、フロスはしっかり使えていますか??

ブラケット装置やインビザラインなど矯正治療治療をしている方は、毎日1回フロスで歯と歯の間を清潔にして頂きたいです!!

歯と歯の間の虫歯予防の為であることはもちろんですが、矯正治療の進みにも影響があります。

想像してみてください。

矯正治療は歯を動かしていく治療です。

歯と歯の間に食べ物が詰まってしまっていたら、歯は動いてくれないですよね…

虫歯予防と矯正治療の為に、フロスや糸ようじを活用しましょう!

過去のブログで、ブラケット装置のフロスの通し方を紹介しているので、見ていない方はcheckしてみてください♬

取り外し式装置のお手入れ

歯科衛生士の金井です。

アライナー(マウスピース)型歯科矯正装置をお使いの方、

歯を動かす装置を外し保定期間のリテーナーをお使いの方、

取り外し式の装置をお使いの方。

歯を磨くことはとても大事です。

歯をせっかくきれいにしても装置が汚れていては意味がありません。

歯を磨くのと同じくらい装置のお手入れもしましょう。

装置に付着する汚れは歯垢といい、細菌の塊です。それが固まったものは歯石といいます。

この汚れはどうしたら落とせるでしょうか?

水洗いだけでは汚れの約50%しか落ちません。

しかし、歯ブラシを使って装置を洗うと汚れは70%落ちます。

さらにそこに洗浄剤を使用すると結果90%もの汚れが落ちます。

洗浄剤を使用するとかなり汚れが落ちることが分かります。

着け外しの毎回洗浄剤を使って洗浄するのは大変なので1日1回を目安にやっていただくのをおすすめします。

当院ではリテーナーシャインという洗浄剤を販売しております。

歯をきれいに磨き、装置のお手入れもしっかりしてお口の中を清潔に保ちましょう。

PAGE TOP