金属アレルギーがあっても矯正治療は受けられますか?

院長の神﨑です。

 

金属アレルギーは、唾液や汗などと触れることで溶け出した金属が、皮膚や粘膜を介して体内に取り込まれることから始まります。取り込まれた金属は体内で異物と見なされ、体を守ろうと抗体が過剰に反応した結果、炎症などのアレルギー症状が起こります。

 

イオン化傾向が高い金属ほど溶け出しやすく、ニッケル、コバルト、パラジウム・クロム、鉄、銅などが金属アレルギーを起こしやすい金属と言われています。

 

したがって、イオン化傾向が低いチタン、ステンレス、金・銀、プラチナなどは金属アレルギーを起こしにくいといわれています。このような金属は、人体に埋め込むようなインプラント、人工骨、心臓弁、医療器具などに広く応用されています。

 

金属により、発赤・発疹・発熱・発熱・かゆみ等のアレルギー症状が出た場合は、まずは原因となる金属を除去する必要があります。さらに症状を悪化させないために、アレルギー反応を引き起こした金属の使用を避ける必要があります。

 

金属アレルギー症状がある場合は、まずはパッチテストという金属アレルギー検査を受けましょう。検査結果によって、アレルギーの原因物質が特定されるため、使える金属と使えない金属を知ることができます。

 

矯正治療はお口の中に金属がたくさんあるイメージがあると思いますが、セラミックやプラスチックでできた矯正装置もあります。また透明な樹脂でつくったマウスピースによる矯正は、金属を一切使用しません。ブラケット治療で必要なワイヤーもバイオメタルワイヤーというニッケルやクロムを含まない素材を使えば、金属アレルギーのリスクを軽減できます。このように金属を極力使わないことも一つの対策法です。

歯科矯正用アンカースクリューって痛い?

院長の神﨑です。

歯科矯正用アンカースクリュー植立は、少量の麻酔で、短時間かつほとんど痛みなく処置が可能です。
所要時間は麻酔を効かせる時間を含めて20〜30分程度です。

麻酔の効果が切れると多少の痛みが生じますので、痛みが出る前に術後すぐ痛み止めを服用していただきます。ご帰宅後に、お渡しした痛み止めを服用される方はほとんどいらっしゃいません。

また抜歯と同様、感染が起こらないように抗生物質も処方いたします。

ほとんどの方が、「想像していたよりも大したことない」 とおっしゃいます。中にはインプラント植立したことに気付かず、「もう終わったの?」とおっしゃる方もいるので、歯科矯正用アンカースクリューに対する心配は無用の不安かもしれません。

 

とはいえ患者様の恐怖は十分理解しておりますので、なるべく痛みが少ないように表面麻酔を使用し、極細針でコンピューター制御による自動麻酔注射を行います。

また術中はパルスオキシメーターを人差指に装着して頂き、脈拍や動脈血酸素飽和度を測定しながら行なっていきます。安心して手術をお受けください。

歯科矯正用アンカースクリューって何ですか?

院長の神﨑です。

歯科矯正用アンカースクリュー(矯正用インプラント)は、歯科用インプラントとは異なり、矯正治療中の一定期間使用する斬間的な装置です。もちろん、矯正治療終了時に除去します。治療痕等が残ることは殆どありません。

 

材質は歯科用インプラントと同様チタン製でできており、人体への為害性はなく、安全な材料と言われています。

 

古典的な矯正治療は、ワイヤーでつながった”歯と歯”が、お互いに引っ張り合うことで歯が移動するため、動かしたくない歯も動いてしまうというジレンマがありました。

海に浮いた2艘の船がロープで引っ張りあっているイメージです。

 

しかし、歯科矯正用アンカースクリューができたことにより、“歯と歯”ではなく、”歯と歯科矯正用アンカースクリュー”で引っ張りあって歯を移動させることができるため、動かしたい歯だけを、動かしたい方向に移動することが可能になりました。

海に浮いた2艘の船のうち、一艘が錨(いかり)を海底に下ろし固定されている状態でロープを引っ張りあうイメージです。

 

歯科矯正用アンカースクリューの登場によって、歯を効率的に動かすことが可能になり、治療期間の短縮はもちろん、治療法の幅も広がりました。

 

当院では、i-stationとACRの2種類のスクリューを使用しております。

 

一般的に歯科矯正用アンカースクリューの植立には2万円〜10万円の別途費用がかかりますが、当院では追加料金をご請求することはございません。ご安心ください。​

どんな歯並びになりたいですか?

どんな歯並びになりたいですか?と質問すると、「綺麗な歯並びになりたい!」とよく返答がきます。
皆様の思うキレイな歯並びとはどのような歯並びでしょうか?
 
私達矯正医は、良い歯並びのことを「正常咬合、せいじょうこうごう」と呼びます。
良い歯並びとは、上下の噛み合わせが良いこと、見た目が綺麗なことの2つを意味します。
 
そこで正常咬合とは何かを説明致します。
 
①上の前歯と下の前歯の真ん中が真っ直ぐそろっていること
②上の歯が下の歯に2〜3ミリ重なっていること
③上の歯が下の歯より2〜3ミリ前に出ていること。
④奥歯の噛み合わせは上の歯と下の歯で互い違いになること
 
です。
鏡を見て確認してみて下さい。
あたなの噛み合わせは正常咬合でしょうか?
綺麗な歯並びとは、正常咬合のことでしょうか?
歯並びについての疑問や質問があれば、是非相談にお越しください!!
 

吹奏楽部に入っています。矯正は楽器の演奏に支障ありますか?

院長の神﨑です。

吹奏楽部の活動が盛んな学校はお盆、お正月、テスト週間以外、お休みがないことがほとんどですよね。

朝練、昼練、夜練がある学校も多いようです。
メインイベントの夏のコンクールや、冬にはアンサンブルコンクール、文化祭などの学校行事、地域のイベント、定期演奏会など演奏活動で本当に忙しそうです。

吹奏楽は西洋の木管楽器、金管楽器を主体とし、弦楽器、特殊楽器、打楽器による編成で演奏されます。

 

上記で矯正治療と関係があるのは、金管楽器(トランペット、ホルン、トロンボーン、ユーフォニアム、テューバ)と木管楽器(フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、サックス)ではないでしょうか。

 

従来型の唇側矯正装置は、歯の表側にブラケットと呼ばれる装置を接着する関係で、唇を振動させて音を出す金管楽器には影響が出そうです。ただし、唇の振動によらない奏法で音を出す木管楽器もリードをくわえて音を出すため、歯の裏側にブラケットを接着する舌側矯正や、マウスピースで歯を動かすアライナー矯正にも影響が出るかもしれません。

 

とはいえ、患者様の体験談から判断すると「慣れてしまえば吹けないことはない」とも言えます。

しかしながら矯正装置の装着後は、管楽器演奏のパフォーマンスが落ちる可能性を否定できません。

 

プロフェッショナルを目指すのであれば、唇側矯正装置や舌側矯正装置といった固定式の装置は避けたほうが無難かもしれません。

可撤式のアライナー矯正装置の治療を含めて、吹奏楽と矯正治療を両立させる治療方法を検討する必要がありそうです。

 

アライナー矯正は着脱できることが最大の特徴ですので、演奏中は装置を外せば演奏に問題はないでしょう。

ただし、アライナーは装着している間のみ歯が動くので、装着時間が短いと治療期間が長くなります。

アライナー装着の推奨時間は20〜22時間です。

 

どちらにしても「吹奏楽の部活や管楽器に打ち込みたい」という方は、矯正スタートのタイミングや矯正装置の種類についてご相談ください。

 

PAGE TOP