専門医とは

日本矯正歯科学会は、歯科矯正学の進歩、発展をはかることを目的とし活動しています。
この目的を達成するために、学術大会の開催、機関誌の発行、認定医等の設定、その他必要と思われる事業をおこないます。

日本矯正歯科学会の専門医制度は、2006年創設されました。より高度な臨床技能 と学問的知識の向上を目指し、他分野と連携することによって、国民の健康と福祉に貢献することを目的としています。

そのため日本矯正歯科学会では、以下の条件を満たすものを者を「日本矯正歯科学会の専門医」としています。

専門医は、矯正歯科領域における診断、治療および術後管理に関して高度な医療技能と経験ならびに専 門知識を有し、他診療領域の歯科医師または医師らとの協力関係にあって適切な指示を与える能力を有する者とする。 第 5 条 専門医は、さらに次の各号を満たす者とする。 (1)社会人としての良識、医療人として高度な医療倫理観を持つ。 (2)矯正歯科医として絶えず自己研鑽を積む。 (3)矯正歯科認定医および専門医を目指す歯科医師の育成、臨床研修の一端を担う。 (4)矯正歯科医療について国民に積極的に情報提供を行う。 (5)国際的視野を有し、矯正歯科医療の発展のために奉仕する。

専門医資格は認定医資格を有し、長期に本学会に属することを条件に、臨床試験として現代矯正 歯科医療における代表的な症例の提示と試問審査に合格し、さらに学術大会においてこれらの症例報告を行った者に与えられます。審査は不正が許されないよう 厳正に行われ、症例の治療結果も極めて厳格に評価されています。更新は5年毎に症例を報告し、審査に合格することが必要となっています。

日本矯正歯科専門医名鑑
http://www.nichikyosen.com/

認定医とは・・・

日本矯正歯科学会における認定医制度は、矯正歯科医療の水準を維持し向上を図ることにより適切な医療を提供す ることを 目的として1990年に創設されました。

そのために、矯正歯科治療に関して適切かつ充分な学識と臨床経験を有し、この目的を遂行できる者を「学会 の認定医」としています。

認定医の資格は、5年以上本学会に属し、学会が認めた大学の附属病院や矯正歯科医療機関にお いて5年以上にわたり相当の臨床経験を有し、 学術誌に矯正歯科臨床に関する報告を発表し、審査に合格した者に与えられます。
更新は5年ごとに行われ、学術 大会への出席や発表、および学術誌における報告を行うことが義務となっています。

専門のクリニックとは

矯正専門医や認定医が歯列矯正に特化し、歯列矯正を専門に行なう医療機関です。そのため、虫歯の治療や歯周病の治療、抜歯等は行わず一般歯科を紹介致します。

自立支援医療指定機関

厚生労働大臣が定めた、口唇・口蓋裂などの発音や言語・咀嚼機能障害などのある人がその改善を図るうえで健康保険の適応を受けて矯正治療を行える設備や体制を有する医療機関

顎変形症保険医療機関

顎変形症の矯正歯科治療を、健康保険で行うための施設基準を満たした医療機関

PAGE TOP