小学校高学年の矯正治療

小学校高学年(中学受験編)の矯正治療

中学受験の無い子と有る子、それだけで全くライフスタイルが違ってきます。
6年生の1~2月に合わせて、遡ってスケジュールを立てます。

ほとんどの子供の永久歯が生えそろう時期は小学校中学年から高学年。
その時期に矯正治療を考えると同時に中学受験対策の塾への通塾を検討される方も少なくないと思います。

塾通いと矯正治療は両立が可能

こうざき歯列矯正クリニックでは、中学や高校受験の準備を控えている患者さん向けに矯正治療のコースを設けています。
4~5年生までは、塾の時間も6年生ほどではなく、家庭学習の比重が大きいため、シンプルなタイプの矯正装置で目的を絞って治療します。
6年生になってからは新しく治療をするとしても夏休み前までに済ませ、本格的な勉強のスパートがはじまる夏期講習の頃には矯正治療はお休み期間に入ります。

受験期に合わせた治療

受験で半年くらい何もしなくても、中学校生活に慣れてからの治療再開でも大丈夫なプランを立てることができますので、受験を見当されている場合はぜひご相談ください。
高校受験を控えている中学生や部活動と塾通いで忙しい人の場合は、最小限の治療のみ行い、受験シーズン真っ最中は極力違和感を減らした治療をします。

開始前に矯正治療費総額を開示します。

詳しくは「治療費」のページをご参照下さい。

永久歯の生え変わりが終わるのは中学生になってからです。
そのため、中学受験が終わってから矯正を始めても充分に間に合います。
まれに、小学生のうちに少しだけ矯正しておいた方が、その後の矯正が楽になる場合もありますので、まずは一度ご相談下さい。

本格矯正治療

人により時期は異なりますが、永久歯に生え揃う時期です。
生え揃った永久歯をきれいに整え、しっかり噛め、きちんと発音出来る様にする矯正治療です。必要であれば、歯を数本抜歯して行います。

通常2年くらい治療を行い、その後きれいな状態をキープするためにリテーナー(保定装置)を2年間使用して頂きます。

始める時期の目安:中学受験対策の塾へ行こうかなと考えたら、並行して矯正のスケジュールを立てましょう。

 

PAGE TOP