大学生の矯正治療

大学生の矯正治療

できる事なら大学生になったら早めに治療を開始した方が良いでしょう。
大学生も就職活動や論文等で後半は大忙しとなります。比較的時間の作り易い、大学1~2年のうちに矯正治療を開始しましょう。

また、最近ではインターンや留学も、大学生活ではメジャーなイベントと言えます。インターンといえ仕事ですから自分の自由になる時間は多くはありません。留学となると長い期間通院ができなくなります。インターンや留学中にも通院せずに矯正を続けるには、特別な治療法が必要です。大学の後半に治療を開始する場合や留学中も矯正治療を続けたい場合は、あらかじめ綿密な打ち合わせを行いますので、思い立ったら早めに相談するのが良いでしょう。

大学生と言うと既に成長期ではありません。しかしながら、成長期の方よりも早く治療が終わる人達もいらっしゃいます。

その人達は、矯正治療に通う曜日を決めて、通常よりも柔軟に通院していました。高校生までは、平日の午後4時までは大抵学校に行っています。その為、矯正治療を受ける人の大半を占める小中高校生は、皆同じ時間に通うしかありませんが、比較的時間が自由になる大学生は、大人と言っても充分に若く効率的な通院ができるため、必ずしも治療期間が長くなるとは限りません。

本格矯正治療

歯をきれいに整え、しっかり噛め、きちんと発音出来る様にする矯正治療です。虫歯の治療で詰めたり被せたりした歯がある場合などは、トータル的に考えて矯正治療を行います。

通常2年くらい治療を行い、その後きれいな状態をキープするためにリテーナー(保定装置)を2年間使用して頂きます。

始める時期の目安:大学生生活に慣れたらなるべく早く治療を開始し、就職活動で忙しくなる前にある程度の矯正治療を終わらせておきましょう。

PAGE TOP