当院の治療の種類

リンガルプラン

歯の内側にマルチブラケットというアタッチメント(舌側矯正装置)を装着し、他の人から気づかれない様に歯を動かします。リンガルプランで使用するマルチブラケットは、とても薄く小さなものを使用します。ブラケットとの間に通るワイヤーは、従来の歯の表側の矯正治療と同様のものを使用しますが、ワイヤーの形を工夫する事で、発音への影響を最小限に抑える技術が有ります。一番敏感な舌の先端が当たる部分がもっとも薄くなる様な形にしてあります。

コンプリートプラン

一人一人の患者さん合わせてピッタリとフィットする様に作られたカスタムメードマウスピース(インビザライン)を使用して、「@月@日には、どこを何ミリ動かす。」といった具体的に、とても計画的に歯を動かします。従来のワイヤーでの矯正治療と比較して食事や歯磨きの際に外す事ができるため、食事の制限や虫歯になる危険性が少ない治療法です。患者さんが従来のワイヤー矯正の方を希望された際には、ワイヤー矯正に変更することも可能です。

ライトプラン(部分的矯正治療)

前歯の歯並びに限定した矯正治療を行います。前歯の歯並びに限定することで、治療期間が最短になる様に工夫をします。ただし、前歯の傾斜や上下の歯の関係の治療はふくまれません。そのため、予め治療結果のシミュレーションをご覧頂き、患者様の想像と現実が一致しているかを確認の上でプランを選択して頂く必要があります。

準備(小児)矯正

永久歯が生え揃う前に永久歯(大人の歯)が生える隙間を増やし、永久歯が正しい位置に生えてくる誘導を行います。年齢的には小学生の前半が対象となります。就学前や小学生の後半は、対象となりません。治療には、スポーツマウスガードの様な柔らかいマウスピース(プレオルソ)や従来の床矯正(しょうきょうせい)装置を使用します。永久歯が生える様に誘導しても、正常な位置に生えない可能性があるため、小学生の後半以降(10代以降)にコンプリートプランでの仕上げの治療が必要となります。

ホワイトニング

歯並びだけではなく、歯の色が気になってしまう人も少なくはありません。従来では矯正治療が終わるまで、歯の色を変える事はできませんでしたが、カスタムメードマウスピース(インビザライン)を使用や歯の内側にマルチブラケットというアタッチメント(舌側矯正装置)を使用する事で、矯正治療とホワイトニングを同時に行う事ができます。

歯のクリーニング1

矯正治療中は、矯正装置の影響でお口の中の汚れが増えてしまいます。矯正治療が終わってしまえば、虫歯や歯周病のリスクは下がりますが、治療中は逆にリスクが増えてしまいます。通常の歯磨き指導以外には、専用の器具を使用したクリーニングも行えます。

歯のクリーニング2

虫歯や歯周病になっている人ではなく、これから虫歯や歯周病になりたくないと思っている人向けの予防を行います。単に歯をクリーニングするだけではなく、予め口腔内細菌のDNAを調べます。胃がん予防のピロリ菌の除菌の様に、歯周病の原因となる病原菌に対して効果がある薬剤を使ったクリーニングも行えます。

PAGE TOP