矯正の終わりとは?

こうざき歯列矯正クリニック 院長の神崎です。

よく「早く矯正を始めれば、早く終わりますか?」と聞かれます。

何事も早くから準備しておくに越した事はありませんが、早ければ早い方が良いとは限らない事もあります。

子供の場合、奥歯が生え終わる前に前歯を治しても、奥歯が後から生えてきた時に前歯がズレる事があります。

生えていない歯は動かせないので、運を天に任せるしかありません。やみくもに早ければ良いという訳ではありません。

また大人でも、ライフスタイルによってタイミングや方法が変わると思います。就活や仕事、結婚や出産など人生には色々あります。

いつ始める方がメリットがあるか、効果的な時期があるかは、一人一人みんな違うと考えた方が良いと思います。

 

そして更に「矯正はいつ終わりますか?」

これもよく聞かれます。

一言で言うと、患者さまが通院を望まなくなった時が通院の終了です。

矯正治療の終了は、一般的には永久歯の歯並びと噛み合わせが標準的な位置になった時ですが、ほぼ全ての方はその後も通院しています。

永遠に治療が続くという意味でしょうか?

それは違います。

生き物の体は一生変化するため、一度並んだ歯並びや噛み合わせが変化しなくなる日は来ません。ご本人が希望しない場合を除き、せっかくキレイになったはをキープしていきます。

実際には…

おおむね標準的な歯並びや噛み合わせになった時に、患者さま(または保護者)にもっと治したいところがあるか伺います。
満足しているという事であれば、「歯を動かす治療」は終わります。

そこからが「歯が変化していないか確認」を行なっていきます。
いわゆる定期検診です。

歯並びの変化を抑えるリテーナーを使って頂いて1年に1回、または年に数回定期検診に通って頂きます。

この定期検診には「終わり」がありません。

ただの確認で通って頂いても良いですし、もっと歯をキレイにしたい人はホワイトニングをする方もいらっしゃいます。
虫歯や歯周病を防ぎたい人は口の中全体のクリーニングをします。

つまり、「良かった!」には終わりがありません。

PAGE TOP