矯正装置の種類・治療法

矯正装置の種類・治療法

永久歯列期の治療(本格矯正治療)

透明な装置(透明カバータイプ)

【1】透明な装置(透明カバータイプ)

透明なカバーを装着して治療をするため、矯正している事が他人から分かりません。

 

見えない矯正(歯の裏側に付けるタイプ)

【2】舌側矯正装置
(リンガルブラケット矯正法。裏側に付けるタイプ)

表からは全く見えないため人に気づかれる事はありません。

白い装置(表側に付けるタイプ)

【3】頬側矯正装置(表側に付けるタイプ)

前歯は白い装置を使うため、あまり目立ちません。

固定式タイプ(患者さん自身では取り外しできません)

ポーター(側方拡大装置)

【1】側方拡大装置(ポーター)

歯列の幅を広げるための装置です。

リンガルアーチ

【2】リンガルアーチ

噛み合わせを改善するための装置です。

リンガルアーチ スプリング付き

【3】リンガルアーチ スプリング付き

スプリングで歯を移動するための装置です。

取り外しタイプ

拡大プレート

【1】拡大プレート

歯列の幅を広げるための装置です。

バイトプレート

【2】バイトプレート

噛み合わせを浅くするための装置です。

バイオネーター

【3】バイオネーター

上と下の歯の噛み合わせを改善するための装置です。

ビムラー

【4】ビムラー

下顎前突(受け口)を治すための装置です。

ムーシールド

【5】歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)

歯の周辺の筋肉が歯に与える圧力をコントロールして受け口を治すための装置です。

保定装置(リテーナー)

矯正治療後は、きれいになった歯並びをたもっていく必要があります。

フィックスリテーナー

【1】フィックスリテーナー(固定式タイプ)

前歯の裏側に装着し前歯の位置を厳密に維持する為の装置です。

クリアーリテーナー

【2】クリアーリテーナー(取り外しタイプ)

リテーナー

【3】ベッグリテーナー(取り外しタイプ)

マウスピース型装置:アライナー

マウスピース、アライナー、透明、取り外し

歯並びをきれいにしたくても、ワイヤーでの矯正となると見た目にもちょっと・・・と、躊躇してしまっている人も多いのでは?

透明なマウスピースを装着し、段階を踏んで理想の歯並びに近づけていくというシステムで、見た目にも装置をつけていることは、ほとんどわからないほど。

しかも、取り外したいときには、その場ですぐに外すことができるので、人前に出たり、話すことを仕事にしている人なども、気軽に矯正を始めることができます。

矯正治療をしながらのホワイトニングも可能に!
完全カスタムメイドのアライナーには、1週間で次ステップのものに交換するため、毎日の洗浄も歯ブラシで洗う程度でOK。また、従来のワイヤーでの歯列矯正とは異なり、矯正中のホワイトニングが可能になるのもメリット。

アライナーを使っての矯正なら、いつでもケアを受けることができるので、トータルで効率的に歯を美しくしたいと考える人におすすめ。

どんなふうに治療するの?

  • マウスピース、アライナー、透明、取り外し

    レントゲンを撮り、歯の健康状態を診る。後日、ドクターの診断を踏まえた治療法の説明を受ける。アライナーでの矯正は、まず歯のスキャンを行い、そこから矯正されていく段階を予測することから始めます。

  • マウスピース、アライナー、透明、取り外し

    3次元コンピュータ画像技術により、診療の開始から終了まで綿密にシミュレーション。治っていくプロセスが明確に示され、治療のゴールがはっきり見える。

  • マウスピース、アライナー、透明、取り外し

    2~3週間後、患者さんの症例に適合したアライナーが完成。ドクターの経過観察のもと、随時、装着するアライナーを交換していくことで歯を移動させ、最終位置に移動するまで、これを繰り返す。

歯に装着する透明なカバー(アライナー)を使用して、歯並びを治していく治療法で、1970年代からある実績のある矯正装置です。

当院のアライナーでの治療は1999年からの治療実績があります。

マウスピース型装置

マウスピース矯正のメリット

  • 矯正している事が他人から分かりにくい
  • 食事の時に外せるので、食品の制限が少なく食べ易い
  • 歯磨きの時に外せるので、衛生面の管理がしやすい
  • 結婚式や食事会などイベントがあった時でも、気にならない
  • 矯正装置による口内炎が出来にくい
  • アライナー単独の場合、金属アレルギーの心配が無い
  • 吹奏楽演奏時に唇に違和感が無い

歯の捻転・傾斜・高さを変える事が困難なため、他の固定式装置との併用や極少量の歯の形態修正が必要な場合が有ります。

マウスピース矯正に関する Q&A

  • 世界での治療実績は?
  • マウスピース(アライナー)矯正は、欧米を含む世界各国で600万人を超える患者の矯正治療に使用され、その効果が認められています。
    米国アラインテクノロジー社が実施したアンケート調査では、マウスピース(アライナー)による治療を受けた患者の90%近くが「治療にとても満足している」「極めて満足している」と回答しています。

  • 具体的に、マウスピース(アライナー)矯正とはどのような治療法ですか?

  • 3次元コンピュータ画像技術を駆使し、治療の開始から終了までの過程の綿密なシミュレーションを行うところから始まります。
    このシミュレーションは、院長の神崎が全ての患者様で修正と承認を行います。
    そして、こ のシミュレーション結果に基づき、それぞれの患者さんの症例にぴったり適合した一連の「マウスピース型矯正装置(アライナー)」をカスタムメードで製造します。
    患者 さまは、矯正歯科医の経過観察のもと、装着するマウスピース型矯正装置を交換していくことで、歯が徐々に移動します。
    歯がシミュレーションされた最終 位置に移動するまで、これを繰り返します。

  • ブラケット矯正と比べて治療期間が長くなりますか?
  • マウスピース型矯正装置1枚で動かす歯の移動量は0.25㎜と僅かですが、無駄なく動かしていくので治療期間に大差はありません。
    症例によって異なりますので、ご相談ください。
  • マウスピース矯正治療は簡単な症例しかできませんか?
  • 当院では全ての方を対象にマウスピース矯正治療ができます。
    ただし、外科処置を併用とする方等は要相談となります。
  • マウスピース型矯正装置の素材は何ですか?
  • ポリウレタン(PU)です。0.5mmの厚みでできています。
  • マウスピース型矯正装置は痛いですか?
  • ほとんど痛みを感じません。
    しかし、1番最初の装置をつける時や新しい装置をつける時に、締め付けられるような圧迫感をわずかに感じることがあります。
    これは正常な反応であり、マウスピース型矯正装置が機能している証拠です。
    不快感は数日で収まります。

  • 子どもでもマウスピース矯正治療はできますか?
  • 従来のプレートやバイオネーター、ツインブロック等の代わりとして使うことは可能です。
    ただし、お子さんの場合、乳歯の生え変わりや顎の成長がありますので、成人よりもトラブルは多いです。
    トラブルとは、マウスピース型矯正装置が合わなくなることを意味します。
    マウスピース矯正治療が適応にならない場合もありますので、ご興味のある方は一度ご相談ください。
  • マウスピース型矯正装置をつけたまま食事できますか?
  • 外していただく必要があります。
    マウスピース型矯正装置と歯の間に飲食物が停滞してしまうと、非常に虫歯になりやすい状態になってしまいます。
    お水はそのまま飲んでいただくことができますが、無糖でもお茶など色のついた飲物は着色の原因となるのでやめておいた方がいいでしょう。
  • マウスピース型矯正装置を装着したまま喫煙できますか?
  • 黄色の着色汚れの原因になります。
    アライナーを装着しているときは喫煙を控えてください。
    アライナーの着色により、目立たない装置が目立ちやすくなってしまう原因にもなります。

  • 装置は1日中付けっ放しですか?
  • 装着は1日20時間以上を推奨しています。「コンタクトをつける」「メガネをかける」「お化粧をする」といった感覚と同じで、最初の1週間程度で慣れる方がほとんどです。
  • 1日20時間使えなかった場合、どうなりますか?
  • マウスピース型矯正装置はフィットが命なので、20時間を下回ってしまうと不適合になりやすくなってしまいます。
    そのため、通常1週間で交換の所、担当医の判断または一緒に相談し、2週間交換等に変更させて頂く場合がございます。

  • 発音が悪くなったりしますか?
  • 慣れないうちは話しづらいと訴える方もいらっしゃいますが、慣れてくれば普段通りに話すことができます。インビザラインは、アナウンサーや芸能人など、話すことをメインにした職業の方々でも治療を受けながら、問題なくお仕事をされていますのでご安心ください。
  • マウスピース型矯正装置による治療費はどのくらいかかりますか?
  • 詳しくは「治療費」をご参照下さい。

 

 

こうさぎ歯列矯正クリニックの舌側矯正

矯正装置を歯の裏側に隠して装着します。
(舌側矯正・リンガルブラケット矯正法)

 *一部表側に装置が付く場合があります(見える部分は透明です。)

◆どのプランも上記以外の付属品があります。診断時に改めてご提案いたします。

吹奏楽や格闘技をやっているので歯の表面に装置を付けたくない

  • 装置が見えるのが嫌
  • 人に気付かれずに治したい

そういった裏側矯正治療が抱える問題を一つ一つ取り除いた
オリジナルの舌側矯正です。

開閉式裏側ブラケットの採用と、ワイヤーのストレート化を実現するために裏側専門のラボ(技工所)との綿密な打ち合わせオリジナルストレートワイヤーの採用により、上記の問題や微調節が難しいと言われている舌側矯正の問題点を解決した治療法です。

POINT
舌側矯正(リンガルブラケット矯正法)だと治療期間が長くかかると言われていますが、当院では表の治療とほとんど変わらない期間での治療が可能になりました。

舌側矯正は、多くの患者さんに高い満足を実現しています。

 

※当院の舌側矯正で使用する矯正装置は、現在特許申請中です。

 

PAGE TOP