年代別矯正

矯正装置の種類・期間・始める時期

 

 

幼稚園~小学校低学年の矯正治療

矯正って「習い事」?
ウチの子にできる?
本当に「今」必要?

早くに始める「メリットがある子」と「そうでない子」、もちろん皆が同じな訳がありません!
その子の性格や気持ちも大切です。
100人いれば100通りの方法が有ります。

「(矯正を)やるやらないは置いといて、、、」

将来の歯並びがどうなるのか知りたい。
子を持つ親なら皆そう思います。
ちゃんとお口を開けられる子とご両親が一緒なら、先々の予測も可能です。
年齢が上がるほど予測は正確になりますので、一年毎に相談するのも良いと思います。
症状によっては、簡易的な方法でお試しの矯正を行う方法もあります。
本人が嫌がったら無理せずもう少し大きくなってから。

小児矯正治療

この時期の治療は、今後生えてくる永久歯がなるべく良い状態で生える様にするための矯正治療が行われます。

例えば、顎が小さく永久歯が入りきらない様なら、顎を大きくする治療や奥歯を後ろに動かして全体が収まりやすい環境にする治療です。
また、噛み合わせが深い場合や反対咬合(受け口)の場合はその改善のための治療を行います。

通常1年半~2年くらい治療を行い、その後は永久歯が生え揃うまで半年~1年毎に経過観察を行っていきます。

小児矯正を行うことにより、永久歯の治療がより良いものとなります。
最近のお子さんの歯並びや顎の状態は、小児矯正だけですむケースは非常に稀です。

始める時期の目安:乳歯の一番後ろから6歳臼歯が生え、前歯が数本生え替わった頃

小児矯正治療の現実

小児矯正とは

小児矯正とは、歯の生え変わりの時期に行う矯正治療のことです。
歯列矯正は大人になってからでも可能ですが、小児の時期から矯正を行うことによってより理想的な治療を行うことが出来る場合があります。

大人は顎の成長が終了しているので、その条件の中で歯を動かす矯正治療になりますが、小児はまだ成長段階にあるので、ある程度顎の成長をコントロールしながら矯正治療を行うことが出来ます。

小児矯正(子供の矯正)を始める時期

子供の矯正は、顎の骨が成長する6歳~14歳までの間に行うと有効です。(個人差があります)

この時期に矯正を行うことによって上下の顎の大きさのバランス、歯と顎の大きさのバランスをコントロールする事が可能です。(症状により異なります)

小児矯正のメリット

  • 顎の成長をコントロール出来るため、より良い治療結果につながる。
  • 歯を抜かずに治療出来る可能性が高くなる。
  • 永久歯に生え変わってから再度仕上げの矯正治療が必要となった場合でも、矯正の治療期間が短くなり、より良い治療結果につながりやすい。

小児矯正のデメリット

  • 永久歯への生え代わりや顎の成長が終わる15歳前後まで経過を観察する必要があるため、矯正期間が長くなることが多い。

小児矯正を受けた方が良い症状とは

  • 受け口
  • 極度の上顎前突 (出っ歯)
  • 開咬 (奥歯でしっかり噛んでも前歯が開いている状態)
  • 歯の生えてきた位置が悪い
  • 顎が左右どちらかにずれている場合
  • 歯の数が少ない
  • 生えてこれない歯がある

「早期発見、早期治療」
大抵の病気は、早く見つけて早く治したり、病気になる前に予防する事が大切です。
しかし、歯並びや噛み合わせに関しては、他の「病気」とは少し違います。
成長期の子供たちは、絶えず変わり続けるという事、良い意味でも悪い意味でも変わりやすいのです。
早期に始めても早くは終わりません。
その後の成長によって変わってしまうからです。

大抵の場合、小学生になってからでも十分に間に合いますが、早期に分かっていれば「いつ何をすれば良いか?」が分かります。

もしご心配であれば、小学生になる前でも「待っていて大丈夫かどうか」という事を確認しに来て下さい。
そうすれば、一番効果的な時期をお伝えできると思います。
きっと安心して頂けると思います。

 

小学校中学年の矯正治療

早く始めた方が良くても、本人の性格が心配。

中学年になると、なかなか言う事も聞いてくれません。それが普通です。
家に居る時だけ使う矯正装置は、100種類以上あります。

ご存知の方も少なく有りませんが、最近永久歯があっても生えずに止ってしまう子もいます。
特に上の犬歯は、他の歯にも影響を及ぼすため、確認が必要です。
この時期だから「やっておいた方が良い事」があります。
「気付いて良かった!」、「安心して永久歯を待てる。」為にも、この時期は重要です。

 

また、「周りのお友達も矯正を始めたけど、同じ方法でなくて良いの?」と聞かれる事が良くあります。
人のカラダは、「十人十色」です。
矯正治療は同じ年の子が始めたから始めなければならない事ではありません。
その子に合ったタイミングで、その子に合った方法を考える必要があります。

混合歯列期の矯正治療

子供の歯(乳歯)と大人の歯(永久歯)が混在している混合歯列期と呼ばれる時期です。
この時期の治療は、今後生えてくる永久歯がなるべく良い状態で生える様にするための矯正治療が行われます。

前歯と奥歯が先に生え変わり、その間の犬歯(3番目の歯)が生える時に見極めが必要です。この犬歯が自力で生えてこれない時があります。
レントゲンで歯茎の中で、犬歯が横に傾いている事が分かったら、早めの対処が必要です。

対処法は、
①歯列の幅を広げる。
②犬歯の近くの乳歯を抜いて犬歯が生えやすくする。
③犬歯を覆っている歯茎を一部だけ切開し、生えるように引っ張る。
④半年後にもう一度レントゲンを撮り、半年間の変化の有無を比較して、変化がなければ①〜③のどれかを行う。

例えば、顎が小さく永久歯が入りきらない様なら、顎を大きくする治療や奥歯を後ろに動かして全体が収まりやすい環境にする治療です。
また、噛み合わせが深い場合や反対咬合(受け口)の場合はその改善のための治療を行います。

通常1年半~2年くらい治療を行い、その後は永久歯が生え揃うまで半年~1年毎に経過観察を行っていきます。

混合歯列期から矯正治療(小児矯正治療)を行うことにより、永久歯の治療がより良いものとなりますが、最近のお子さんの歯並びや顎の状態は、混合歯列期の矯正治療(小児矯正治療)だけで完全に正常な噛み合わせになる症状の方は稀です。

始める時期の目安:乳歯の一番後ろから6歳臼歯が生え、前歯が数本生え替わった頃

 

小学校高学年の矯正治療

永久歯が生え揃う直前です。
最後に生える第二大臼歯(7番目の歯)のせいで、歯並びや噛み合わせが変ってしまいます。
あらかじめわかっていれば、手の打ちようがあります。

また、奥歯の噛み合わせは、この時期が重要です。
乳歯が全て抜けて奥歯が生え揃う時に「待ってて良いのか?」「今頑張るのか?」見極めが大切です。

矯正は教育と同じです。将来が決まる分岐点は幾つかあります。
矯正での分岐点の一つが、奥歯が生え揃うこの時です。

本格矯正治療

人により時期は異なりますが、永久歯に生え揃う時期です。
生え揃った永久歯をきれいに整え、しっかり噛め、きちんと発音出来る様にする矯正治療です。
必要であれば、歯を数本抜歯して行います。

通常2年くらい治療を行い、その後きれいな状態をキープするためにリテーナー(保定装置)を2年間使用して頂きます。

始める時期の目安:第二大臼歯(前歯から数えて7番目の奥歯)が生え始めたら

 

小学校高学年(中学受験編)の矯正治療

中学受験の無い子と有る子、それだけで全くライフスタイルが違ってきます。
6年生の1~2月に合わせて、遡ってスケジュールを立てます。

ほとんどの子供の永久歯が生えそろう時期は小学校中学年から高学年。
その時期に矯正治療を考えると同時に中学受験対策の塾への通塾を検討される方も少なくないと思います。

塾通いと矯正治療は両立が可能

こうざき歯列矯正クリニックでは、中学や高校受験の準備を控えている患者さん向けに矯正治療のコースを設けています。
4~5年生までは、塾の時間も6年生ほどではなく、家庭学習の比重が大きいため、シンプルなタイプの矯正装置で目的を絞って治療します。
6年生になってからは新しく治療をするとしても夏休み前までに済ませ、本格的な勉強のスパートがはじまる夏期講習の頃には矯正治療はお休み期間に入ります。

受験期に合わせた治療

受験で半年くらい何もしなくても、中学校生活に慣れてからの治療再開でも大丈夫なプランを立てることができますので、受験を見当されている場合はぜひご相談ください。
高校受験を控えている中学生や部活動と塾通いで忙しい人の場合は、最小限の治療のみ行い、受験シーズン真っ最中は極力違和感を減らした治療をします。

開始前に矯正治療費総額を開示します。

詳しくは「治療費」のページをご参照下さい。

永久歯の生え変わりが終わるのは中学生になってからです。
そのため、中学受験が終わってから矯正を始めても充分に間に合います。
まれに、小学生のうちに少しだけ矯正しておいた方が、その後の矯正が楽になる場合もありますので、まずは一度ご相談下さい。

本格矯正治療

人により時期は異なりますが、永久歯に生え揃う時期です。
生え揃った永久歯をきれいに整え、しっかり噛め、きちんと発音出来る様にする矯正治療です。必要であれば、歯を数本抜歯して行います。

通常2年くらい治療を行い、その後きれいな状態をキープするためにリテーナー(保定装置)を2年間使用して頂きます。

始める時期の目安:中学受験対策の塾へ行こうかなと考えたら、並行して矯正のスケジュールを立てましょう。

 

中学生の矯正治療

思春期のこの時期、皆に共通して言える事は「本人の揺れる心」です。
部活、友達、勉強、、、小学生とは全く違い、高校生ほどは大人ではない。
永久歯の噛み合わせを治す(仕上げる)には、ベストな時期です。

でも、周りの大人が「勝手に決めて、勝手に始めた」のでは、絶対にダメです。こうざき歯列矯正クリニックでは、中学生から大人扱いです。

勉強やスポーツと同様に、頑張れば頑張っただけ良い結果が生まれます。

本格矯正治療

全ての歯がほぼ大人の歯(永久歯)に生え替わった時期です。生え替わった永久歯をきれいに整え、しっかり噛め、きちんと発音出来る様にする矯正治療です。
必要であれば、歯を数本抜歯して行います。

通常2年くらい治療を行い、その後きれいな状態をキープするためにリテーナー(保定装置)を2年間使用して頂きます。

始める時期の目安:思春期に入ると矯正装置を付ける事を極端に嫌がるため、出来ればその前に。
思春期に入ったなら、自分の意志で矯正したいと思ったら。

 

高校生の矯正治療

もうほぼ大人です。
高校生達は、治療の方法も目的も自分で考え、自分で決定できます。
中学生程ではないとしても、周りに矯正治療中や治療が終わったばかりの友人が沢山いるので、心強いでしょう。

この頃に始まる口の中の変化としては、第三大臼歯(親知らず)です。
アゴの成長はほぼ終わっていますが、この頃から親知らずが大きくなり始め、30歳近くまで変化する人もいます。
せっかくキレイに治した歯並びが、親知らずのせいで崩れる事もあるので、10代後半の方は見えない部分も気を使う必要があります。

高校後半は、大学受験も控えています。
毎年多くの受験生が当院を訪れますが、試験の直前には矯正装置の着脱や調整は控える事で、試験に集中して頂きます。
晴れて合格し、もし地方の大学に進まれる場合は、転校ならぬ転院を行います。
治療再開まで、バックアップさせて頂きますので、現在まで一例もトラブルはありません。

本格矯正治療

全ての歯がほぼ大人の歯(永久歯)に生え替わった時期です。
生え替わった永久歯をきれいに整え、しっかり噛め、きちんと発音出来る様にする矯正治療です。
必要であれば、歯を数本抜歯して行います。

通常2年くらい治療を行い、その後きれいな状態をキープするためにリテーナー(保定装置)を2年間使用して頂きます。

始める時期の目安:大学受験で忙しくなる前に

 

大学生の矯正治療

できる事なら大学生になったら早めに治療を開始した方が良いでしょう。
大学生も就職活動や論文等で後半は大忙しとなります。
比較的時間の作り易い、大学1~2年のうちに矯正治療を開始しましょう。

また、最近ではインターンや留学も、大学生活ではメジャーなイベントと言えます。
インターンといえ仕事ですから自分の自由になる時間は多くはありません。
留学となると長い期間通院ができなくなります。
インターンや留学中にも通院せずに矯正を続けるには、特別な治療法が必要です。
大学の後半に治療を開始する場合や留学中も矯正治療を続けたい場合は、あらかじめ綿密な打ち合わせを行いますので、思い立ったら早めに相談するのが良いでしょう。

大学生と言うと既に成長期ではありません。
しかしながら、成長期の方よりも早く治療が終わる人達もいらっしゃいます。

その人達は、矯正治療に通う曜日を決めて、通常よりも柔軟に通院していました。
高校生までは、平日の午後4時までは大抵学校に行っています。
その為、矯正治療を受ける人の大半を占める小中高校生は、皆同じ時間に通うしかありませんが、比較的時間が自由になる大学生は、大人と言っても充分に若く効率的な通院ができるため、必ずしも治療期間が長くなるとは限りません。

本格矯正治療

歯をきれいに整え、しっかり噛め、きちんと発音出来る様にする矯正治療です。
虫歯の治療で詰めたり被せたりした歯がある場合などは、トータル的に考えて矯正治療を行います。

通常2年くらい治療を行い、その後きれいな状態をキープするためにリテーナー(保定装置)を2年間使用して頂きます。

始める時期の目安:大学生生活に慣れたらなるべく早く治療を開始し、就職活動で忙しくなる前にある程度の矯正治療を終わらせておきましょう。

 

就活や婚活、結婚式を迎えた矯正治療

人生における特別な時に、マルチブラケット歯の表面に付けるワイヤー状の矯正装置が見える事が気になってしまう人もいます。
そんな方には、リンガル・ブラケットやアライナーが良いと思います。
リンガル・ブラケットは、上の歯は歯の裏側に矯正装置を付け、従来のタイプと同じ性能で治療ができ、一般の方が見てもほとんど気付かれる事はありません。
アライナー(透明なマウスピースタイプ)の矯正装置は、自分で外す事ができます。

治療の途中からでも、方法や道具の変更は可能です。
費用が2回分になる訳ではありませんので、お気軽にご相談下さい。

本格矯正治療

歯をきれいに整え、しっかり噛め、きちんと発音出来る様にする矯正治療です。
虫歯の治療で詰めたり被せたりした歯がある場合などは、トータル的に考えて矯正治療を行います。

通常2年くらい治療を行い、その後きれいな状態をキープするためにリテーナー(保定装置)を2年間使用して頂きます。

始める時期の目安:第一印象が重要な時期です。治療を終える前でも口元の印象はずいぶん良くなる事があります。
就職情報誌や婚活・結婚情報誌を手に取る様になったら、合わせて矯正の事も考えましょう。

 

社会人の矯正治療

サービス業の方は、平日に通院が可能となるため、多少複雑な治療でも問題なく通院が可能です。
土日がお休みの方の場合、不定期ですが日曜診療も行っているため、診療カレンダーを御確認頂ければ通院が可能な日が見つかると思います。
海外への転勤の場合も英文での転院依頼を作製致します。

本格矯正治療

歯をきれいに整え、しっかり噛め、きちんと発音出来る様にする矯正治療です。
虫歯の治療で詰めたり被せたりした歯がある場合などは、トータル的に考えて矯正治療を行います。

通常2年くらい治療を行い、その後きれいな状態をキープするためにリテーナー(保定装置)を2年間使用して頂きます。

始める時期の目安:給料日やボーナス日に自分の健康への投資として、矯正の事を検討しましょう。

 

40~50代の矯正治療

成人、特に40代以降に矯正治療を受けられる方が増えています。
子供の頃に矯正治療を受けるチャンスが無く、人生の中間地点でもう一度自分を見つめ直す、多くの方が「今からでも」と考えています。
矯正治療をお考えになる上で、以下の3つの事を知って下さい。

1:矯正治療は年齢と関係なく行う事ができます。

しかしながら、成長期と同じとい訳にはいきません。
なぜでしょう?

子供は体も柔軟で、歯の移動も非常に簡単です。
一方成人では、既に長い年月の間に慣れ親しんできた環境が、変ってしまう事に順応しにくい方もいらっしゃるのが事実です。治
療を受けられる方の、「性格」や「ライフスタイル」、「本当に必要な事」にお応えするため、何回も綿密なお打ち合わせを行います。

2:成人の矯正治療では成長期の方とは全く違う考え方で治療方針を考えます。

成人の患者さんの場合、より現実的でリスクが少ない目標や方法を選択する事を目標とします。
こうざき歯列矯正クリニックの特徴の一つである、「4次元的に考える事」で従来ではできなかった治療予測を行います。

歯や歯グキの状態を三次元的に把握するCTやCAD/CAMシミュレーションを全ての成人の治療に使用します。
その上で、年齢的な体の治癒能力を配慮する事、同時に全国でもトップクラスの臨床実績から得られた経験も加味して治療に臨みます。
この方法は、医科病院でも高度な治療に使用する技術と基本的に同じ考え方です。

3:毎日が「今」の連続です。

学生の内は、周りの友達にも矯正をしている人は沢山います。
でも、今はどうでしょう?

「私だけが子供みたいに矯正装置を付ける?」
そこがネックとなり矯正を躊躇してしまう事が無い様に、治療に使用する道具も多彩に取り揃えています。
いろいろな方法を組み合わせる事ができるのも、私達「こうざき歯列矯正クリニック」の特徴です。

成人の患者様に人気がある、リンガル・アプライアンス(舌側矯正)やアライナー(透明なマウスピース矯正)も当院だけのオリジナルの手法で、様々なライフスタイルに対応しています。
他の医療機関では治療を断られた方でも、納得して頂ける方法をご提案致します。
特に複雑な治療ほど、私達の特徴が生かせると思います。

本格矯正治療

歯をきれいに整え、しっかり噛め、きちんと発音出来る様にする矯正治療です。
虫歯の治療で詰めたり被せたりした歯がある場合などは、トータル的に考えて矯正治療を行います。

通常2年くらい治療を行い、その後きれいな状態をキープするためにリテーナー(保定装置)を2年間使用して頂きます。

始める時期の目安:健康診断の案内が届いたら、歯の健康も考え矯正歯科を受診してみましょう。

PAGE TOP