脳のパフォーマンス

皆さん、お正月はどの様にお過ごしになったでしょうか?

私(神崎)は何冊かの本を読んで過ごしました。先日のブログにも書きましたが、脳の活用法の本も読んでみました。以前から脳については興味があり、何冊か読んだのですが、その中でもシックリ来たのがこの一冊です。

精神科医の樺沢紫苑先生が書いた「神・時間術」です。

タイトルの「神」には驚かされますが、脳科学の根拠に基づいた理論的な本です。

その内容の中で歯科に関係があり、皆さんに今日からオススメする事をお伝えします。樺沢先生はこの本の中で1日24時間で脳を最も効果的に活用する方法をたくさん紹介していますが、その中の一つに「よく噛んで朝食をとる」という事を挙げています。

朝食の時に顎の筋肉がリズミカルに動く事で、脳をスッキリさせるセロトニンが活性化するそうです。しかもその効果は一日中続きます。また、噛みごたえのある食べ物の方が効果的だそうです。

特に矯正と関係が有るところでは、当院で近年お勧めしているインビザラインは、外して食事ができるので、従来のワイヤー矯正と比べて食べ物に制限がありません。矯正治療中も脳に良いという意味でもお勧めの矯正治療法です。

私は以前から、絶対に朝食を欠かしませんが、これからも続けていこうと思いました。この本には、これ以外にも脳を活用する方法や、集中力を高め1日を効果的に過ごす方法があるが、たくさん紹介されています。

勉強や仕事に脳を使う人以外でも、1日をスッキリ楽しく過ごしたい方にもお勧めの一冊です!

PAGE TOP