マウスピース矯正とワイヤー矯正で、それぞれのメリットとデメリット

診療時間(スマホ)

10:00~13:00/14:30~18:00
休診日:木曜・祝日
*日曜または月曜のどちらかが休診

※診療受付時間は診療終了時間の30分前まで

センター北駅 出口2より徒歩1分
〒224-0003
横浜市都筑区中川中央1-29-2 グランドメゾン・センター北 2F

Googleマップで見る

お知らせ一覧

マウスピース矯正とワイヤー矯正で、それぞれのメリットとデメリット

マウスピース矯正とワイヤー矯正は、歯列を整えるために用いられる方法の一つです。それぞれのメリットとデメリットは以下の通りです。

【マウスピース矯正のメリット】

  • 取り外しが可能で、清潔に保ちやすい。
  • ワイヤー矯正と比べ、比較的装着感が軽減され、痛みが少ない。
  • ワイヤー矯正と比べ、食事の制限が少ない。
  • 遠隔医療にも対応しており、自宅での自己管理が可能。

【マウスピース矯正のデメリット】

  • 歯の動きに限界があるため、重度の矯正には複数回の作り直しが必要。
  • 毎日の着脱が必要で、食事後や口腔ケアのたびに着脱する必要がある。
  • 患者さん本人がマウスピースを装着していないと治療は進まない。

【ワイヤー矯正のメリット】

  • 歯の動きを自由自在にコントロールできるため、重度の矯正にも対応可能。
  • 着用期間が長く、長期的な効果が期待できる。
  • 適切にケアすれば、比較的安定した結果が得られる。

【ワイヤー矯正のデメリット】

  • 装着感があるため、最初のうちは違和感を感じることがある。
  • 頰や歯グキにワイヤーが刺さる事がある
  • 食事制限が必要で、硬いものや粘着性のあるものを食べることができない。
  • 歯磨きが難しく、虫歯や歯周病のリスクが高まる。

上記のメリットやデメリットは、マウスピース矯正とワイヤー矯正の一般的な特徴ですが、それぞれの方法には、個人差による利点や欠点もあります。歯科医師とのカウンセリングや診察を通じて、自分に最適な矯正方法を選ぶことが重要です。

ポーラスター矯正歯科・センター北(こうざき歯列矯正クリニック)横浜

〒224-0003
横浜市都筑区中川中央1-29-2 グランドメゾン・センター北 2F
(センター北駅 出口2より 徒歩1分)
平日 10:30~12:00/15:00~19:00 
土日 10:00~13:00/14:30~18:00
休診日:木曜・祝日・日曜(特別診療日あり)・月曜(不定休)

お知らせ一覧へ戻る

トップへ戻る