診療時間(スマホ)

10:00~13:00/14:30~18:00
休診日:木曜・祝日
*日曜または月曜のどちらかが休診

※診療受付時間は診療終了時間の30分前まで

センター北駅 出口2より徒歩1分
〒224-0003
横浜市都筑区中川中央1-29-2 グランドメゾン・センター北 2F

Googleマップで見る

お知らせ一覧

当院で治療計画を決める際の考え方

当院で治療計画を決める際の考え方として、シェアードディシジョンモデル(Shared Decision Making Model)を採用しています。

シェアードディシジョンモデル(Shared Decision Making Model)は、医療分野において、医師や医療従事者と患者が一緒に治療方針を決定するためのプロセスです。以前はインフォームドコンセントと云う、「説明して同意を得る」単純な方法でした。インフォームドコンセントは、治療を医療者から患者様へ一方的に提案し、そこに同意を得て行うので決して悪い方法ではありませんでした。

しかしながら、患者様の価値観の多様化により、一方的なインフォームドコンセントよりも、患者様が考えている「優先したいこと」や「避けたい事」を伺い、その価値観をベースに治療の目標や方法を決めていくシェアードディシジョンモデル(Shared Decision Making Model)の方が、より患者様に満足した治療結果となる事が分かりました。

そこで、今回は当院で採用しているシェアードディシジョンモデル(Shared Decision Making Model)の考え方についてご紹介します。このモデルでは、歯科医師や医療従事者は、患者様に対して治療についての情報を提供し、ご本人が理解できるように説明します。そして、患者様と医療者が、患者様のニーズ、希望、価値観、そして医学的根拠に基づく最適な治療方針を共有し合います。

このモデルでは、患者様と医療者の両方が情報を提供し、双方向のコミュニケーションが行われます。患者様は自分自身の体験や感情、そして治療に関する疑問や不安などを共有し、歯科医師はそれに対して、治療のリスクやメリット、そして代替案などを説明します。そして、双方が協力して最適な治療方針を決定することを目指します。

シェアードディシジョンモデルは、患者様中心のアプローチを取ることができ、ご本人の自己決定を尊重することができます。このモデルは、患者様がより満足し、治療成績が向上する可能性があります。また、患者様と医療者の関係を改善することができ、医療の品質と安全性を向上させることができます。

ポーラスター矯正歯科・センター北(こうざき歯列矯正クリニック)横浜

〒224-0003
横浜市都筑区中川中央1-29-2 グランドメゾン・センター北 2F
(センター北駅 出口2より 徒歩1分)
平日 10:30~12:00/15:00~19:00 
土日 10:00~13:00/14:30~18:00
休診日:木曜・祝日・日曜(特別診療日あり)・月曜(不定休)

お知らせ一覧へ戻る

トップへ戻る