院長の神﨑です。

既に矯正装置をつけて動的治療をしているのであれば、妊娠しても特に差し障りはありませんが、妊娠中期の安定期までがよいでしょう。

​妊娠初期では、エックス線撮影や処方する薬剤に制限があります。

妊娠後期(臨月)では、お腹が大きくなり仰向けでの診療で静脈が圧迫されて血圧が低下してしまう恐れがあるため、治療が必要な場合も出産後落ち着いてから、改めて治療を再開するようにしています。

​​妊娠前後はホルモンのバランスが変化するため、普段より歯茎が腫れやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが上がります。

​​生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で虫歯の原因菌は存在しません。ではなぜ人は虫歯になってしまうのでしょうか?虫歯の原因菌は身近な周囲の大人から移ってしまう場合がほとんどで、赤ちゃんと接することの多いお母さんは、赤ちゃんに虫歯を移してしまわないように特に気をつける必要があります。

また妊婦さんが歯周病の場合、早産・流産・低体重児のリスクが高くなることが分かっています。

安全な出産のため、生まれてくる赤ちゃんのためにも、日頃の歯磨きを丁寧に行なっていただき、健康な歯を守ると同時に赤ちゃんの健康も守りましょう。