ソフトクリームの日

7月3日はソフトクリームの日。
明治神宮外苑で開かれた進駐軍主催のカーニバルの模擬店で販売したのが始まりだそうです。(wikiより)
今はまだ梅雨ですが、これから暑くなるにつれて冷たいものが食べたくなります。

夏はソフトクリームよりアイスクリームの方がよく売れるのだとか。
確かに暑くじめじめした夏はさっぱりしたアイスクリームですね!
アイスなどの冷たいものを食べた時に歯がキーンとした経験はありませんか?
考えられる原因は
むし歯か、知覚過敏か…

原因が分からないと不安になりますよね。
まずは歯科医院を受診しましょう。

そして問題を解決して、おいしく食べられるようになりましょう!

歯ブラシの交換

歯科に関係する記念日がいくつあるかご存知ですか??
実は現在、23個もあります!!
その中でも毎月8日は「歯の日」「歯ブラシ交換デー」となっています。

歯ブラシは消耗品です。
みなさんは歯ブラシの交換のタイミングって決まっていますか??

歯ブラシの交換の目安として、毛先が広がっていないか??が1つのポイントになります。

毛先が広がっていると毛先がきちんと歯面に当たらず、新しい歯ブラシで磨くよりも40%も清掃効率が落ちてしまいます。

たとえ毛先が広がっていなくても、1ヶ月以上同じ歯ブラシを使い続けると、目に見えない雑菌が増えている可能性があります!!!
定期的に歯ブラシを交換する習慣をつけましょう。
歯ブラシをどれくらい使ったか覚えてない!という方、毎月8日の「歯ブラシ交換デー」で交換することをおすすめします!!

歯の役割

歯には形によって、3種類に分けられることを知っていますか?

まず1つ目は、切歯(せっし)。
切歯の役割は “食べ物を噛み切る” 

2つ目は、犬歯(けんし)。
犬歯の役割は “食べ物を切り裂く”

3つ目は、臼歯(きゅうし)。
臼歯の役割は “食べ物をすりつぶす”

中でも第1大臼歯という歯は、永久歯の中で1番 “大きく”、噛む力も1番 “強く”、噛み合わせの基本になる、とてもとても大切な歯です!!

しかし1番虫歯になりやすい歯でもあります…。

なぜだと思いますか?

この歯は6歳頃に、乳歯列の後ろからひょっこり生えてきます。
永久歯の中で1番 “早く” 生えてきて、乳歯から生え変わらないため気づかれにくいです。
奥歯のさらに奥から生えてくるので、歯磨きも難しいですが、“鏡” を見ながら奥までしっかり磨き、お家の方の仕上げ磨きでさらにピカピカにしましょう☆

 

盆栽

「盆栽」と聞いた時、あなたは何をイメージしますか?

大事そうに小さくて趣のある鉢植えを育てるおじいちゃんを思い浮かべる人もいるかもしれません。先日ラジオで盆栽士の方が盆栽のテクニックについてお話されているのを聞いて「矯正治療」に相通じるものを感じたので、少し盆栽について調べてみました。

 

盆栽は植物を仕立てて楽しむものです。ただ鉢に樹を植えるだけではなく、仕立てる過程で様々な技が必要になります。例えば枝の剪定や根の切り詰め、針金で枝を曲げる、などが挙げられるでしょう。しかし仕上がりに人工的な部分が見えてしまってはいけないというのが盆栽の難しいところです。ありのままの自然をそのまま見せるのではなく、自然の美しさや厳しさを凝縮して魅せることができているものが良い盆栽と言われるようです。

 

中でも「針金掛け」の技は基本的で、成形には不可欠な技術であり盆栽屋さんでも針金をちゃんと巻ける人とそうでない人がいる程、奥深い技術だそうです。なぜ針金をかけるのでしょうか?それは盆栽の枝などを曲げて樹形を変えたり、整えたりするためです。これを整姿と呼びます。整姿するのは見栄えだけではなく、陽の当たらない枝ができないようにする目的もあり、もし他の枝で影になっている枝があればその枝は弱ってしまいます。

 

盆栽は生き物なので1つ1つの枝の太さや強度が違います。そのため

・どのくらい曲げるのか

・枝のしなり(強度)はどれくらいか

等を加味して針金の巻き方を選ばねばなりません。植物の生理的な知識はもちろん、センスや熟練度によって見た目も価値も大きく左右されます。針金かけには樹種によって適期や方法に違いがあり、若木や成木、完成樹、老樹の場合でも要領が異なります。 したがって、盆栽をやる上で針金かけをマスターすることは1番難しいことだそうです。実際に枝を触り、巻いてみてちゃんと針金が効くかどうかを経験しなければ分からないので、とにかく巻いて経験しないとプロの盆栽士にはなれないようです。

矯正治療も同じです。

歯並びは十人十色、個性です。しかし、でこぼこがあったり顎がずれていたりうまく噛めないと、見た目の問題はもちろん、歯や周りの組織の健康に危害を与え、虫歯や歯周病のリスクを増強します。歯の大きさや顎の大きさは人それぞれ異なり、歯を動かすワイヤーの太さや強度は異なります。また、子供か大人かによって治療する時期や方針も異なります。盆栽と同様、矯正治療を行うにも知識、技術、センスと経験が必要です。

 

盆栽に針金をかけて枝を曲げることは樹に試練を課すことになりますが、その樹の性質を充分に理解して行えば、期待通りの樹形に早く近づけることができるそうです。

 

矯正も治療に伴う様々なストレスを歯や歯周組織に課すことになりますが、その性質を十分に理解して行えば、安全に皆様に満足していただける歯並びを実現することが可能です。安心して通院してくださいね。​

水素水!?

​みなさまこんにちは、歯科衛生士の大沼です。

当院の待合室は広くて開放感があり、皆さまにゆっくりくつろいで頂けるようになっています。待合室にある「水素水サーバー」のお水、お飲みになったことありますか?

 

ただ、「水素水」って「何か体に良さそう」的なことしか分からない方も多いのでは?

簡単に説明すると…

 

①老化防止による美容効果

​②ダイエット効果

 

があるそうです。

①老化を促進させる「悪玉活性酵素」を無害化する効果があるのですが、なんとこの「悪玉活性酵素」は呼吸するだけでどんどん体の中に溜まってしまうそうです!ヒ〜〜!

②脂肪燃焼させるエネルギー代謝の活性化によるメタボ防止や血糖値の上昇を抑える効果もあるそうです。痛風の人にも良さそうですね。

その他にも様々な病気や疾患にも効果が立証されているため、今後は歯科業界でも虫歯治療や歯周病治療などに使用されるかもしれませんね。

 

私は個人的に①も②も大いに興味ありです(笑)

最近年齢を感じさせる変化が加速している気がするので、仕事の後には1杯頂いています(笑)

皆さまも待合室にある「水素水サーバー」のお水をぜひ飲んでみてください。特にお子様の治療の付き添いで来院される保護者さまにオススメです!

梅雨

こんにちは。
6月といえば梅雨ですね。

突然ですが、紫陽花の花の色といえば何色を思い浮かべますか?
私は青や紫の紫陽花が好きです。
紫陽花の色は花の種類の違いではなく、土の酸度によって色が変わるということを知っていましたか?
土が酸性寄りだと青色、中性からアルカリ性によっている場合は紫色、アルカリ性だとピンクの花が咲くそうです。
面白いですよね!!

今週末は雨予報が続きます。
みなさんのご予定は大丈夫ですか?
こうざき歯列矯正クリニックに来院する方も、そうでない方も足下には気をつけてお出かけして下さいね!

新生活

今年の4月から入社したスタッフがこうざき歯列矯正クリニックで働き始めて2ヶ月以上が経ちました。

クリニック周辺を歩いてみると、「このご飯屋さんおいしそう!」などの新しい発見が日々あるそうです。

当クリニックでは、矯正治療を開始する前に検査を行い、現在の歯並びの状態についてご説明しています。
その際も自分が知らなかった新しい発見があるかもしれませんね。

新しいことを始めるのは勇気がいりますが、新たな体験をするチャンスなのです。

ホワイトニングの新薬登場!

今週の第150回日本歯科保存学会で東京医科歯科大学の大槻先生が、通常の5倍の効果がある歯のホワイトニングについてを発表します。
歯のホワイトニング用の過酸化水素に炭酸塩を加えると、従来の方法と比較して5倍の効果がある事が医学的に立証されたそうです。

厚生労働省が正式に認可した、この方法でのホワイトニングは、歯科医院でなければ行えません。
最近、歯のホワイトニングをGoogle検索する人が急増しているそうですが、ますます歯が白い人が増えそうですね!

父の日

日曜日、某コーヒーショップのコーヒーギフトを父の日にプレゼントしました。
私の父は毎朝、ご飯を食べなくてもコーヒーだけは飲むくらいコーヒーが大好きです。
私もよくコーヒーを飲みます。
みなさんにも「毎朝コーヒーを一杯!」という方が多いのではないでしょうか?

実は、コーヒーや紅茶などは着色の原因になります。毎日ですとあっという間に歯に着色がついて取れなくなってしまいます。

そんな着色が気になる方にオススメの歯磨き剤があります!!
・「着色の無いツルツルな歯をずっと」ならシェールクリア 
・「ツヤツヤの白い歯をキープ」するならクリスホワイト

歯磨き剤なら普段のお手入れとして取り入れやすいですよね!
当院で販売しておりますので、気になる方はお気軽にスタッフにお声がけください♩

歯って何本⁇

皆さん、歯は何本あるか知っていますか?
私たち人間の歯は乳歯が20本、永久歯が28本、親知らずを入れれば32本あります。
実はお母さんのお腹の中にいる間に、乳歯20本と永久歯16本の歯の種はできているんです。
生まれる前から歯が出来ているなんてすごくないですか?!

人間の歯は、サメやワニのように何度も生え変わることはありません。
乳歯の後に永久歯が生えてくる歯もあれば、いきなり永久歯から生えてくる歯もあります。
生え変わるから虫歯になっても大丈夫ということは決してないのです。
一本一本の自分の歯を大切に、虫歯を作らないようにしましょう♪

 

PAGE TOP