保定について

こうざき歯列矯正クリニック 院長の神崎です。
 
矯正治療の本当の目的は、「機能的かつ審美的咬合を確立し、その咬合が長期に渡り安定した状態を維持する」ことです。

簡単に言うと、、、
美しい歯並びで、正しい噛み合わせを、長年キープし続けること。
そして「矯正して良かった」「一生歯を大切にしよう」と、何度も感じて頂くことです。
 
しかし、矯正力によって移動した歯は元に戻ろうとする傾向があり、この現象を後戻り(リラップス)といいます。
また、歯も体の一部なので、変化しなくなる日は来ません。
子供が大人になり、そして年齢を重ねていく様に、一生変化します。

世界中すべての国で、矯正治療後は「保定」を行います。
保(たもつ)+定(さだめる)と書いて(ホテイ)と読みます。
保定には、リテーナーという保定を行う装置を使います。
 


【保定が必要な3つの理由

せっかく並んだ歯が、新たにズレてこない様に「変化を抑制」する必要があります。 

①歯肉・歯周組織は矯正力による歯の移動の影響を受けており、これらの組織の再構築に時間が必要
歯を動かす方向に力をかけると、先に歯が動きますが、歯茎や歯を支える骨は少し後になって新しく作り変わります。
歯茎や歯を支える骨が作り変わる前は、歯も驚くほどグラグラです。
半年から一年くらいで、歯のグラグラは落ち着いてきます。
 
②歯は治療終了後、軟組織によって加えられる圧力が、絶えず再発をもたらす要因として作用する
そもそも、矯正治療を始める前の歯は、正しい位置にはありません。
歯が正しい位置に生えない理由の多くは、周囲の筋肉や骨格に原因があります。
歯は、唇や頬の筋肉から受ける力によって、位置が変わってしまう事があります。
 
③成長発育に関連する変化が、治療終了後の咬合の変化をもたらす可能性がある
子供の方が体が柔軟なため、歯も動きやすいのが現実です。
しかしながら、子供は成長により、良くも悪くも変わってしまいます。
そのため、顔の成長や親知らずが生える事で、上下の噛み合わせが変わってしまう事があります。


リテーナーの種類について】
 
1)可撤式床型保定装置(ベッグタイプリテーナー、ホーレータイプリテーナー)
ワイヤーにプラスチックの床がついた最も一般的なリテーナーです。
この装置は患者様ご自身で着脱可能です。
上下の歯の噛み合うあう面を覆わないため、患者様の持つ咬合や筋肉に対して自然な環境が得られます。
ただし、前歯の部分にワイヤーが通るので、ワイヤーが見えてしまうのが難点です。

お手入れは、水洗いや専用の洗浄剤、部分入れ歯用洗浄剤で洗う、頑固な汚れは歯ブラシでこすり洗いを推奨しています。
ただし、歯ブラシで磨く場合は、歯磨き粉を使うと研磨剤によって装置表面に傷が付き、そこに細菌が繁殖してしまうので、水洗でこすり洗いしてください。
 
2)可撤式樹脂保定装置(クリア・リテーナー)
患者様ご自身で着脱可能な透明な装置です。
透明な素材なので目立ちにくく、審美的に優れています。
ただし、常に咬合面を覆っているため、患者様の咬合力を保定に関与させることができません。

クリアリテーナーの場合も、マウスピース矯正装置と同じように1日1回取り外して洗浄するのが基本です。
こちらも、水や専用の洗浄剤、総入れ歯用の洗浄剤で洗い、気になる汚れは歯ブラシでこすり、水で洗い流してください。
 
3)固定型保定装置(フィックス・リテーナー)
前歯の裏に固定する細いワイヤー装置です。
特に下の前歯は後戻りが生じやすいため、この装置による保定が有効です。

このタイプのリテーナーはご自分で外すことはできません。
固定式のリテーナーは、接着剤が歯と歯肉ギリギリ部分まで付けられていることがあるので、丁寧に時間をかけて磨かないと虫歯や歯周病のリスクが上がります。
ブラッシング方法は様々ですが、ワンタフトブラシや歯間ブラシを用いて歯磨きを徹底してください。
またそれだけでなく、定期的な歯科医院でのクリーニングや、歯と歯肉の間に歯石や磨き残しがないようメンテナンスが必須です。
固定型保定装置(フィックス・リテーナー)は、外れた場合に患者様ご自身が気づきにくいという問題点もあります。
 
4)自然保定
リテーナーではありませんが、治療終了後に得た新しい咬合状態を自然の力で保持することを自然保定といいます。
しかし、治療終了後ただちに自然保定に入ることは極めて稀で、基本的には1~3のようなリテーナーを使用したのち、自然保定に移行します。
 
5)永久保定
更に永久保定といったものもあります。
長期にわたってリテーナーを使用しても後戻りが心配されるようなときに行われます。
例えば矯正治療後にブリッジという繋がった人工の歯を被せる場合は、ブリッジによって固定されるので、ブリッジが壊れるまで固定されます。
 

 
【通院の完了とは】
 
歯並びと噛み合わせが正しい状態で、ご本人がもう治したいところが無くなった状態になった時点で、歯を動かす治療は終了します。
歯を動かす必要がなくなった後、保定を始めます。

この保定には終わりがありません。
一般的に保定を2年以上行なった時点で、その後の通院について検討しますが、これには特に決まりはありません。
それは、不正咬合の原因や種類、不正の程度、治療期間、治療方法、治療終了時の咬み合せの状態などに加えて、咬み合せが変化する可能性にはに個人差があるためです。
 
保定期間に関する考えも、
・動的処置終了後6~12ヶ月は飲食時以外はリテーナーを使用し、12ヶ月経過した後も睡眠時に使用する
・治療期間の約半分の期間リテーナーを使用する
・治療期間と同じ期間だけ保定を行う
・2年経過すれば安定したとみなしてリテーナーを終了する
・リテーナーが壊れても作り直して、2年以降もリテーナーを使用する
など様々です。
 
リテーナーを使う目的は、歯列の変化を抑制するためです。
つまり、変化が無くなる日は来ないので、変化を抑制するリテーナーの期間は決まっていません。
「一生歯を大切にしよう」と思う人は、虫歯や歯周病、歯並びや噛み合わせの変化に対して、定期検診を行う事が好ましいです。


【不正咬合の再発】

矯正治療によって得られた正常な歯列、上下顎のかみあわせなどが治療前の方向に後戻りする現象を再発といいます。
再発の原因は以下のような点があげられます。
 
①リテーナーをあまり使用しない
②保定期間が不十分
舌の癖や筋肉のバランスによるもの
④咬み合わせのバランスによるもの
 
矯正治療後に再発が起こった場合、可撤式リテーナーで若干の修正をすることができます。
しかし、これには限界があり、再発がかなり目立つようであれば、再び矯正治療を行うことも考えなければなりません。
 
矯正治療が終わって数年経過すれば後戻りのリスクは減ってきますが、生きている限り加齢変化で歯が少しずつ動く可能性はあります。
また、リテーナーも劣化してしまうため、必要に応じて作り直しを行います。
矯正治療自体は、健康であれば一生のうち何回でも行うことができます。
それには、時間と努力とお金が必要なので、不正咬合が再発しないためリテーナーを続ける方が使うエネルギーは少なくて済みます。

せっかく時間をかけて頑張って矯正治療をして綺麗にした歯並びが後戻りしてしまったら残念ですよね。

リテーナーを全く使わなくなると、歯並びは100%崩れてしまうことを認識してください。リテーナーは、歯のパジャマです。

毎日使う習慣をつけましょう。

綺麗なお肌を維持するために毎日化粧水や美容液を使うように、綺麗な歯並びを維持するためにリテーナー使う努力が必要です。

まずはリテーナーをしっかり使用して、綺麗な歯並びを維持するよう心がけましょう!

 

虫歯の原因

こんにちは、院長の神崎です。
 
みなさんは虫歯の原因はご存知ですか?
なぜ、毎日歯磨きをしていても虫歯になってしまうのでしょうか?
毎日の歯磨きは、しっかり磨けている日もあれば、磨けていない日もあるでしょう。
今回は、「キチンと綺麗に磨けている」と仮定した上で、何故虫歯ができる人とできない人の差が出るのかを説明したいと思います。
 
【なぜ虫歯になるの?】
そもそも、なぜ虫歯になるのでしょう。
その理由として
①食生活の悪さ
②口の中の細菌の悪さ
③唾液の量や性状の悪さ
④歯の質の悪さ
などが考えられます。
ほんの少しの汚れ(プラーク)の中に、何億匹もの細菌がいるのです。
 
①食生活
ダラダラ食べるという食生活(ダラダラ食べ)はNGです。
口の中に常に食べ物があると虫歯の好む環境になります。
甘いもの(ショ糖)は、虫歯細菌のエサとなり歯を溶かす酸を産生し虫歯をつくります。
食事の中にも糖分は含まれていますがお菓子やジュース、スポーツドリンクにはもっと多くの糖が含まれているので気をつけましょう。

②細菌
口腔内では、健康な人でも200種類以上の細菌が数十億匹存在しています。
細菌の種類により虫歯や歯周病になりやすい、なりにくい人がいます。
生まれたての赤ちゃんの口腔内には、虫歯の原因となる細菌(ミュータンス連鎖球菌)はいません。
成長していく過程で周囲の大人から感染し、将来的に虫歯や歯周病になりやすい、なりにくいが決まります。
離乳食がはじまると、お母さんやお父さんが使った箸やスプーンで使い赤ちゃんにご飯を食べさせてしまうと感染していくのです。
スプーンは大人用と子供用で、分ける方が良いですね。

この幼少期に感染する機会が減れば、それ以降に虫歯になる確率は低くなります。
また、一度完成された細菌のバランスは、簡単に変化しないため、大人になってからミュータンス連鎖球菌が侵入してきたとしても、虫歯になり難くなるとも言われています。
口の中の細菌のバランスが決まる時期としては、1才半〜3歳位までなのでその間にどのような細菌が口腔内に侵入したかが重要なポイントです。
つまり、お母さんやお父さんが口の中を清潔にし、虫歯や歯周病の細菌を減らすことにより、お子様を虫歯の危険からかなりの確率で守れるということになります。
妊産婦のお母さんの時からお母さん自身の口の中の細菌を減らしておく事も、大切なポイントの一つとなります。
妊娠中は、ホルモンバランスの変化やツワリなどから、歯周病の原因となる細菌が増加します。
口の中に存在する細菌は種類はもちろん数も細菌の比率もひとりひとり違うので、しっかりと定期的に歯科医院での検診やクリーニングがが有効です。

③唾液
唾液の分泌量が少なければ、唾液により口の中が洗われる能力が低下し、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。
唾液がたくさん出たほうが、洗い流してくれるので細菌が口腔内に滞在しにくいと言うことです。
また、唾液は食後酸性に傾いた口の中のPHを中性に戻す力があります。
その能力が高いほど菌の出す酸によって歯が溶かされる時間が短くなり、再石灰化しやすくなるため、虫歯になりにくくなります。
したがってダラダラ食べを行う人は何度も口腔内が酸性に傾いてしまうため、より虫歯になるリスクが高くなるということになります。

④歯の質
最後に歯の表面はエナメル質で覆われています。エナメル質はとても硬く、一度解けてしまったら簡単には元には戻りません。
もともと歯の形成不全で歯の質が弱い方は通常の方に比べてそれだけで虫歯になりやすくなります。
そういう歯を「エナメル質形成不全」と呼びます。
見た目は白く白濁していたり、他の歯よりも黄ばみがあったりします。
フッ素入りの歯磨き粉等を工夫してしっかり虫歯を予防する必要があります。

手術で治す矯正治療

こうざき歯列矯正クリニック、院長の神崎です。

噛み合わせのズレは大きく分けて2種類あります。
1つは、歯が生えている位置に不調和がある状態、もう1つは上のアゴと下のアゴの骨、つまり歯並びの土台である骨に大きな不調和がある状態です。

後者の場合、歯の移動だけによる矯正治療では不調和の改善に限界があるため手術が必要になる場合があります。

アゴが上下・左右・前後に大きくズレている状態を「顎変形症」といいます。
これは上下のアゴそのもののアンバランスに原因がある不正咬合です。
こうした不正咬合の場合、「前歯でものを噛み切る」という歯本来の機能が大きく損なわれていることが多く、見た目にもコンプレックスを抱いている方が多いようです。

程度によりますが、成長期の子供であれば矯正歯科治療のみでアゴの成長をコントロールし、骨格に問題のある歯並びを改善していくことができる場合もあります。
しかし、骨の成長が終了している大人では矯正歯科治療だけでは十分な治療結果が得られない方も多くいます。
矯正治療単独ではアゴの形を変えることはできません。

そこで選択肢として挙げられるのが、矯正歯科治療に外科治療(アゴの手術)を組み合わせた外科的矯正治療と呼ばれる方法です。

外科的矯正治療では、私たち矯正歯科医が関連病院の口腔外科医と協力・連携しながら治療計画を立て、矯正歯科治療と外科手術を併せて行います。

矯正治療単独で治療が可能か、もしくは外科手術が必要か、どちらの方法が良いかは一概に判断することはできず、個々の患者さまにおいて毎回検討を重ねることが必要です。
その際大切なことは、患者さまの訴える治療目的に対しどちらの方法がよりふさわしいかを我たち矯正歯科医がガイド役として判断し、治療方法による違いを分かりやすく説明することです。
例えば、下アゴが前突していることを主訴とした患者さまに対し、矯正治療単独で受け口を治したとしても患者さまの満足を得ることはできません。
このような場合では外科的矯正治療を選択し、噛み合わせと同時に下アゴの突出にもアプローチすることで初めて患者さまにご納得頂ける結果を導くことができるのです。
逆に、いくら良好な噛み合わせの改善が見込まれるとしても患者さまが外科的矯正治療を望まなければ、矯正治療単独で可能な限り対応する必要があります。
方法、期間、費用、問題点についてなど明確に説明し、最後は患者さまの意思により治療方法を決定することが重要です。

外科的矯正治療における手術は10〜14日ほどの入院が必要で、手術の前後に術前矯正と術後矯正をそれぞれ行うことになります。
治療の開始から終了まで、通常の矯正歯科治療より長い期間がかかる場合もあります。

外科的矯正治療はあくまで機能改善(噛めるようになること)が目的であり、見た目の改善は治療の対象ではありません。
見た目については、アゴのズレを改善し噛めるようになった結果、見た目も変化したという付加的なものでしかありません。
より審美的な改善を求める場合、治療の目的が「顔の美観を改善したい」という場合は、矯正治療とは別の計画として、美容外科医と相談して頂くことになります。
(当院からの美容外科医の紹介はありません。)
「アゴの形は現状のままで良い」と云う場合は、矯正治療単独で標準的な歯並びや噛み合わせに近づける治療を行います。
アゴの形の非対称が少ないほど、標準的な噛み合わせに近付ける事が可能となります。

外科的矯正治療に関しては、「顎口腔機能診断施設」の届出を出している施設に限り、 健康保険が適用されます。
その場合には、口腔外科での外科手術や入院費用も健康保険の適用となります。届出を行なっていない施設では、同じ外科手術であっても自費扱いとなります。
顎口腔機能診断施設の届出を行っているかどうかは最初に確認しておきましょう。
なお、いずれの場合も、高額療養費の対象となるため、申請をすればかかった医療費の一部が返還されます。
但し、入院時の部屋代、食費、歯科材料における特別料金、先進医療の先進技術部分などの負担については、対象外となります。​
高額療養費については厚生労働省のホームページなどでご確認ください。

ヒトの顔の形は、十人十色です。
あなたに合った方法を考えましょう。

口呼吸と歯並び

院長の神崎です。
 
皆さんは、鼻で呼吸していますか?
それとも口で呼吸していますか?
 
哺乳類の中で口呼吸をするのは人間だけだそうです。
口呼吸は、口腔内の乾燥、歯の着色、歯並びへの影響、風邪をひきやすくなるなど、デメリットがたくさんあります。
鼻が詰まりやすく口呼吸になりがちな方は、早めに耳鼻咽喉科を受診してみてください。

 

また、鼻は詰まっていないのに、なんとなくお口がポカンと開いてしまうという人もいます。
なんとなくお口がポカンと開いてしまう、、、という状態を治す対策としては、お口まわりの筋肉を鍛える事が効果的です。
そこで、お口まわりの筋肉を鍛えるための「あいうべ体操」をご紹介します。

①お口を大きく「あーいーうーべー」と動かします。声量は小さくて大丈夫ですが、出来るだけ大げさに動かします

②1セットずつ4秒程度でゆっくり動かします

③1日30セット(3分)を目標に!

お風呂で、トイレで、通勤通学の時間に。。。どこでも出来ます。
お口まわりの筋肉を鍛えましょう。

 
さて、口呼吸になってしまう原因には『鼻詰まり』『お口ポカン』の他にもいくつかあり、その中のひとつに『悪い姿勢=猫背』があります。
 
猫背は肩こりや頭痛の原因になるだけでなく、口呼吸の原因にもなり、そこからさらに歯並びにも影響を及ぼすことがあります。
猫背になると胸が拡がらず呼吸がしにくくなります。
胸で浅く小刻みに呼吸をする胸式呼吸しかできないため、 あごを突き出して口呼吸をするようになるのです。
また、口呼吸を続けていると、あごを突き出した前かがみの悪い姿勢になります。
口呼吸では口は常に開いた状態。
常に口に口腔内の乾燥はもちろん、唇で前歯を押さえることも出来なくなります。
舌も下がってしまうので、内側からの歯列の支えもなくなり、様々な不正咬合の原因になる可能性があります。
悪い姿勢は見た目が良くないだけでなく、口呼吸の原因となり、口呼吸から不正咬合になる可能性が考えられるのです。
“正しい姿勢で正しい呼吸”を心掛けましょう。
 
 
 
ちなみに本物の猫は、、、もちろん猫背です。
でも、それは猫としては正しい姿勢なので、問題なく鼻呼吸できるのでしょうね。
 

歯並びへの影響

院長の神﨑です。

歯並びが悪くなる原因はひとつではありません。

歯並びは先天的な影響と後天的な影響を受けます。

先天的な影響とは、持って生まれた顎の大きさ、歯の形や大きさなどの遺伝によるものです。
親と顔が似ているように、肌や目の色の他に、歯の並びや大きさも遺伝します。
そのため、親と子の歯並びも似やすい傾向にあります。

後天的な影響とは、生活習慣や癖によるものです。
歯や顎の骨に一定の力を加え続けるような習慣や癖は、顎の形が変わり、歯並びが悪くなってしまう大きな原因となるので注意が必要です。

では、どのような習慣や癖に気をつければ良いのでしょうか。

・唇を噛む
・舌を噛む
・爪やペンを噛む
・いつも同じ方で噛む
・柔らかいものばかり食べる
・指しゃぶり
・お口が開きっぱなし
・口呼吸
・頬杖(ほおづえ)
・うつ伏せ寝
・虫歯
 等々

「おしゃぶり」「指しゃぶり」「ペンを噛む」などの行為は、上の前歯が前方に突出する「でっ歯」や、上下の歯の間に隙間ができる「開咬」の原因になります。
「おしゃぶり」「指しゃぶり」は乳幼児のうちは問題ない行為ですが、4~5歳になっても残るものは歯並びに影響を与えます。

「口呼吸」は、上顎の形や歯の位置に影響を与えます。
通常、呼吸は鼻で行います。
口呼吸を続けていると、空気の通り道を確保するため舌が本来あるべき位置より下がり、裏側から歯を押し出す力がかかることで歯並びが乱れていきます。
また舌は上顎にくっついている状態が普通ですが、舌が垂れ下がることによって舌の支えがなくなると、頬からの力によって上顎が押しつぶされて狭くなり、その結果押し出された歯がでこぼこに並びます。

「頬杖(ほおづえ)」などで外から大きな力が加わり続けると、奥歯のかみ合わせが悪くなります。
体重の10%の重さがある重い頭を、顎の1カ所で支えることを繰り返すことで、歯や顎は歪んでしまうのです。

また、噛むことによって顎の骨が刺激され成長します。
噛む回数が少ないとその分あごが成長しません。
やわらかい食べ物ばかりでなく、ほどよく歯ごたえがあるものを食べましょう。

更に、乳歯が虫歯になると、のちに生えてくる永久歯に影響が出ます。
乳歯の虫歯をそのままにしておくことで乳歯が崩壊したり、早い段階で失ってしまうと、そこに隙間ができます。
いずれはその隙間に永久歯が生えてきますが、永久歯が生えるより早い段階から長期間隙間が空いていると両隣の歯が寄ってきます。
それにより、永久歯の生える場所がなくなって、歯並びが悪くなってしまうのです。
乳歯には、永久歯が生える場所の確保という大事な役目があるのです。
もし乳歯を虫歯などで早い段階で、保隙装置で永久歯が生えるための場所を確保しておく必要があります。
このように、「乳歯はいずれ抜けてしまうから虫歯になってもいい」というわけではありません。
小さな頃からきちんと歯磨きをして、虫歯を予防をしましょう。

ちなみに、出生時の上下顎の関係を気にされた事はありますか?
実は、乳歯が生える前に赤ちゃん特有の上下顎の咬合関係があるのです。
それは「顎間空隙」といい歯を噛み合わせるように閉じた時に前歯に相当する部分に楕円形の空間がみられます。
お母さんのおっぱいをうまく飲めるようにこの空間があるとされています。
人間の身体はよく出来ていますね。

 

日々の習慣が歯並びが悪くなる原因になり得ます。
癖を治すことがもちろん大事ですが、子供の場合はその癖をしてしまう理由を取り除いてあげると自然と改善することもあります。

 

いかがでしょうか。

自分の意識で予防できそうなこともありますね。
虫歯や歯周病を予防すること、
癖は無意識でやってしまうことが多いので自覚を持つと改善出来そうです。

歯並びが悪くなる原因をお話ししましたが、歯並びが良い人も今後悪くならないために予防として意識して日々の生活を送れると良いと思います。

歯並びは見た目だけでなく、健康状態にも影響します。
矯正治療は決して安くないので、治療を決断するのに躊躇される方も多いかもしれません。

人生100年時代です。
一生付き合っていく自分の歯だからこそ、しっかりと向き合ってみるのはいかがでしょうか。​

PAGE TOP