リテーナーの洗浄方法はどうすればよい?

院長の神﨑です。

リテーナーにも種類があり、それぞれ洗浄や手入れ方法が違います。

1.フィックスタイプ

歯の裏側からワイヤーで固定し後戻りを防ぐリテーナーです。
このタイプのリテーナーはご自分で外すことはできません。
固定式のリテーナーは、接着剤が歯と歯肉ギリギリ部分まで付けられていることがあるので、丁寧に時間をかけて磨かないと虫歯や歯周病のリスクが上がります。
ブラッシング方法は様々ですが、ワンタフトブラシや歯間ブラシを用いて歯磨きを徹底してください。
またそれだけでなく、定期的に歯医者さんでクリーニングをしてもらい、歯と歯肉の間に歯石や磨き残しがないようメンテナンスが必須です。
矯正の治療後、後戻りを防ぐために付けるリテーナーですが、取り外しができるタイプのものもあります。
取り外しができる分、上記のような固定式より歯磨きがしやすく、虫歯や歯周病になりにくいメリットがあります。

 

2. ベックタイプ・ホーレータイプ

取り外しのできるリテーナーには、ベックタイプリテーナーとホーレータイプリテーナーがあります。
歯の表面にワイヤーが覆うような形でホールドするため、見た目はワイヤーが目立ちます。
お手入れは、水洗いや専用の洗浄剤、部分入れ歯用洗浄剤で洗う、頑固な汚れは歯ブラシでこすり洗いを推奨しています。
ただし、歯ブラシで磨く場合は、歯磨き粉を使うと研磨剤によって装置表面に傷が付き、そこに細菌が繁殖してしまうので、水洗でこすり洗いしてください。

 

3. クリアリテーナー(マウスピースタイプ)

リテーナーにもマウスピースタイプがあります。
透明な樹脂やラバーなどの素材で作られていて、見た目に目立ちづらいだけでなく、自分で取り外せるため歯磨きがしやすいメリットがあります。
クリアリテーナーの場合も、マウスピース矯正と同じように1日1回取り外して洗浄するのが基本です。
こちらも、水や専用の洗浄剤、総入れ歯用の洗浄剤で洗い、気になる汚れは歯ブラシでこすり、水で洗い流してください。

 

当院の予防歯科への取り組みとして、ただ機械でブラッシングするのではなく、お手持ちの歯ブラシを使用した歯磨き指導を兼ねた仕上げ磨きを実施しています。
歯ブラシの仕方や装置の洗浄方法で分からないことがあれば、歯科衛生士まで遠慮なくお尋ねください。

歯を抜かずに矯正治療できますか?

院長の神﨑です。

矯正治療で抜歯が必要となることは珍しくありません。
健康な歯をわざわざ抜くことに抵抗を強く感じる方が大多数だと思います。
もちろん、非抜歯で歯列を整えられる状態であれば、わざわざ歯を抜く必要はありません。

抜歯が必要となるのは、下記のような理由があるからです。

 

1. 歯を移動するスペース作り

日本人は顎が小さく歯が大きいため、顎に入りきらない歯が歯列からはみ出した状態で凸凹している方が多く見受けられます。
この凸凹を叢生(そうせい)と言います。
八重歯も叢生の一種です。
叢生を改善するために歯を間引く、つまり抜歯することがあります。

 

2. 標準的な歯の傾斜角度を目指すため

抜歯せずに無理やりアーチ状に歯を並べようとすると、スペースが足りない分アーチを外側(口唇や頬側)に大きく広げてスペースを稼ぎます。
その場合、歯の傾きが外側に倒れるため、理想的な傾きで歯をならべることができません。
傾きは機能的な噛み合わせを作る上で重要な要素の1つです。

 

3. 後戻りを軽減するため

スペース不足のアーチに無理やり歯をならべると、その分後戻りのリスクが高くなります。

 

4. 口元が出るのを避けるため

先ほど、抜歯せずに無理やり歯をならべるにはアーチを広げるとお話しました。

アーチが広がるということは、歯列全体が前方に突出することであり、その結果横顔の口元が盛り上がってしまいます。

 

当院では、患者様との共有意思決定(Shared decision-making in medicine:SDM)を目指します。
SDMとは、患者様と医師の両方が医学的な意思決定に貢献する過程をいいます。
我々歯科医師は患者様に様々な治療方法を説明し、患者様が自分の好みや独自の文化的および個人的な信念に最も合った治療法の選択肢を選べるようお手伝いいたします。

 

歯を抜かずに矯正治療を希望される方は、まずはご相談ください。

抱えている歯並びの問題を解決するために必要な治療方法を一緒に検討していきましょう。

矯正歯科治療の痛み

歯科衛生士の金井です。

矯正治療中のお痛みは主に2つあります。

①矯正装置によって歯が動く痛み

②矯正装置が頬や唇の内側と擦れてできる口内炎の痛み

 

①矯正装置によって歯が動く痛み

多くの場合、はじめて矯正装置にをつけた時や、ワイヤーの調整などで感じます。しかしほとんどの場合は数日で気にならなくなりますのでご安心ください。
初めて装置をつけた時に患者様にも説明しますが、お痛みがある時は硬いものより柔らかいものを食べるなど工夫をしましょう。

②矯正装置が頬や唇の内側と擦れてできる口内炎の痛み

歯を動かす治療を始めて間もない頃は口が装置に慣れていないため痛みを強く感じがちです。
装置が擦れて痛い時はホワイトワックスを当たっている装置の上に張り付けてこれ以上傷つけないようにしましょう。

個人差はありますが、

矯正歯科治療には大なり小なりの痛みがつきものです。

痛みともうまく付き合ってきれいな歯並び、より良い噛み合わせを手に入れましょう!

PAGE TOP