意外としらない? ホワイトニングについて②

こうざき歯列矯正クリニック 歯科医師の山口です。

今回は、ホワイトニングの仕組みについてお話していきます。

 

ホワイトニングには2つの働きがあります。

 

1つ目は、歯に着色した色素の分解です。

ホワイトニング剤の歯を白くする主成分は、一般的にオキシドールとして知られている過酸化水素です。消毒用のオキシドールは3%過酸化水素水ですが、ホワイトニングでは30〜35%程度の過酸化水素水を使用します。この過酸化水素は、歯の表面に沈着した着色物質を無色透明に分解する作用があります。これにより、黄ばみなどの染み付いた色素が、薄く目立たなくなります。

この過程は、皆さんが普段洗濯の時、漂白剤を用いて洋服を漂白するのと同じです。

2つ目は、歯の表面を曇りガラス状にします。

歯の表面はエナメル質で覆われており、その内部に黄色みがかった象牙質があります。エナメル質は半透明であるため、象牙質が透けて見えると、黄ばんで見えます。ホワイトニング剤には、歯の表面のエナメル質を曇りガラス状にする効果があるので、象牙質が透けにくくなり、歯が白く見える作用があります。

エナメル質を透明にするだけでは、歯は白く見えないんですね。

 

次回は、ホワイトニングの種類についてのお話です。​

歯ブラシの選び方

みなさんはいつもどんな歯ブラシを使っていますか?

ひとことに「歯ブラシ」と言っても色々な種類があります。

歯ブラシの大きさ、毛の硬さ、毛の種類…。

自分に合った歯ブラシを選べていますか?

普段使っている歯ブラシを一度確認してみましょう。

まず、歯ブラシの大きさ。

歯ブラシはあまり大きすぎると奥歯や細かい部分に毛先が当たらず磨き残しが出来やすくなってしまいます。目安として、毛が生えているヘッドの部分が下の前歯2本分の長さ、又は自分の親指の幅くらいのものが良いです。

次に毛の硬さ。自分のお口の状態に合わせ選びましょう。何も問題なければ「ふつう」で良いです。

最後に毛の種類。

人工毛や天然毛(豚毛、馬毛)があります。

 

天然毛は吸水性が高く、乾燥するのに時間がかかってしまうので、人工毛の方が丈夫で乾燥しやすくおすすめです。

どうでしたか?今使っている歯ブラシは自分に合ったものでしたか?

違った方は次回歯ブラシを買う際、ぜひ参考にしてみてくださいね。

虫歯の原因は何??(その3)

前回のその2では ”おやつの選択” についてお話ししました!

覚えていますか??

 

《今日からできる3つのポイント》

❶おやつの選択

(虫歯になりやすいおやつ、虫歯になりにくいおやつ)

❷飲み物の工夫

(虫歯になりやすいおやつの時は無糖のお水やお茶)

❸食事は規則正しく決まった時間に

ダラダラ食べはNG

 

今日は❷についてお話ししますね!

チョコレートなど虫歯になりやすいおやつを食べるときは、一緒に飲む飲み物を工夫してあげましょう♪

具体的に、どうしたらいいかというと…

 

◯ 水やお茶(緑茶、麦茶)など

 “無糖” の飲み物と一緒に飲む。

見た目は透明な水でも、味の付いたもの(○ーグリーナ、い○はす など)もあるので注意。

 

△× 牛乳や100%フルーツジュースなど

人工の砂糖は入っていなくても、自然の糖分が入っているため注意。

 

× スポーツドリンク、乳酸飲料

とてもたくさん砂糖が入っているため注意。

 

もう一つ、注意が必要な飲み物は炭酸です。

ミュータンス菌が作り出すものを覚えていますか?

そう、”酸”。

炭酸もその名の通り”酸”が入っています。

口の中が酸性に傾くことで虫歯になりやすい環境が出来てしまうため、無糖の炭酸水も注意が必要なのです。

 

ちなみにジュース類を絶対に飲んではいけないという訳ではありません。

飲んだ後に歯磨きをすればOKです。

歯磨きが難しい時は水で強めに“うがい” をするだけでも違います!

それでは次回は❸についてお話しいたします♫

虫歯の原因は何??(その2)

以前『虫歯の原因は何??(その1)』では ”歯垢(細菌の塊)” についてお話ししました。

覚えていますか??

覚えてない方は過去のブログをご覧ください。

それでは、今日は2つ目の原因である ”糖質” についてお話します♪

糖質は、お菓子などに含まれる人工のお砂糖のことだけではなく、ご飯や牛乳、果物などの自然の糖分など、多くの食べ物の中に含まれています。

前回、口の中にはものすごーーく沢山の細菌がいて、その中の1つが虫歯の原因菌であるミュータンス菌であることをお話をしましたね。

ミュータンス菌と糖質がどう関係しているのか、虫歯のでき方について説明します。

①ミュータンス菌が、糖質をエサにしてネバネバしたグルカンという物質をつくり、歯にくっついてプラーク(歯垢)になる

②プラークの中で菌は増殖し、糖分をエサに歯を溶かす酸を作り出す

③酸によって、エナメル質の表面からカルシウムやリンなどミネラル成分が溶け出し、歯に穴があいていく(虫歯)

糖質はミュータンス菌のエサです。

でも生きるために、糖質を摂らないわけにはいきません…

糖質の摂り方を工夫するには、どうしたら良いと思いますか?考えてみましょう!

《今日からできる3つのポイント》

❶おやつの選択

(虫歯になりやすいおやつ、虫歯になりにくいおやつ)

❷飲み物の工夫

(虫歯になりやすいおやつの時は無糖のお水やお茶)

❸食事は規則正しく決まった時間に

ダラダラ食べはNG

 

今日は❶についてお話ししますね!

⑴おやつの種類について

おやつにも、虫歯になりやすいおやつ と 虫歯になりにくいおやつがあります。

✖️キャラメル、飴、ソフトキャンディなど

《砂糖を多く含んでいて、口の中にいる時間が長いため、歯が溶ける時間も長い》

✖︎チョコレート、クッキー、ケーキ、菓子パンなど

《砂糖を多く含んでいて、歯にくっついて残りやすい》

▲プリン、ゼリー、ヨーグルト、アイスクリームなど

《砂糖を多く含んでいるが、口の中に残りにくいため、✖︎のものよりも歯が溶ける時間が短い》

△果物、せんべいなど

《自然の糖分で、食べかすも残りにくい》

おやつも特徴を理解し、選択して食べれば虫歯になるリスクが少し下がります!

でもどんなおやつでも、食べたら必ず歯磨きしましょうね!

 

歯と声

去年ヒットした映画「ボへ◯◯ン・ラプソディー」皆さん観ましたか?

気になっていたのですが、映画館に行くタイミングが合わず観れていませんでした。
そしてついに先日レンタルして観ました!!

(観ていない方はネタバレ注意⚠︎)
映画の最初の方で主人公が歌声をメンバーに聴かせるシーンがありましたね。
その時に「こういう歯だから、声がよく響くんだ」というような事を主人公が言っていました。

主人公がそう言っていたように歯と声は強く関連しています。
声帯が振動することにより声という「音」が作られますが、そこから「言葉」に作り変えるのは舌、唇、歯が関係します。
発音する時に舌が歯に接触するものの例として「さ」「た」「ら」他にもあります。
これは全部少しずつ舌と歯が当たる位置が違います。
普段あまり意識しない発音のこと、一度意識しながら話してみるのも良いかもしれませんね!

意外としらない?! ホワイトニングについて①

こうざき歯列矯正クリニック 歯科医師の山口です。

最​近、矯正治療と同時に歯のホワイトニングを希望される方が増えています。

 

結婚式といった大切なライフイベントに合わせて、歯並びも、歯の色も白く綺麗にすることを望んでいらっしゃいます。
経営者やビジネスマンが講演やプレゼンテーション等において、人前で話す機会に備えてホワイトニングをする方もいらっしゃいます。

また、ホワイトニングを“アンチエイジング”として捉える考え方があります。

生まれたばかりの赤ちゃんの歯は、真っ白な乳白色が特徴です。
それが年を重ねていくに従って、だんだんと黄ばみが出てきます。
それを元の白さに戻すことが“アンチエイジング”としてのホワイトニングです。

ホワイトニングに限らず、口の中をケアすること全般が若さを保つことに直結するので、歯科医療全てがアンチエイジングと言えるかもしれません。

しかし、ご自身でどんなに一生懸命歯を磨いて口腔ケアしたとしても、歯の着色は避けられません。

近頃、歯科医の在籍しないサロン等で行うホワイトニングが流行しているようですが、歯を漂白する施術ではないので専門家の技術を上手に活用して白くすることをおすすめします。​

 

ワイヤレス

当院に通院されている患者さまはご存知かと思いますが、当院のスタッフは診療中、インカムで連絡を取り合っています。

 

このインカム。

各自が送受信機本体をユニフォームのポケットなどに入れ、そこに繋いだイヤホンマイクを使って会話しています。

これがなかなか厄介で、コードがドアノブにひっかかったり、それにより断線したり。

さらに本体を持ち歩くのも少々不便です。

 

世間ではすっかりワイヤレスが主流の中、スタッフはみな送受信機に繋がれています(笑)

本体を片方のポケットに入れ続けていると重心が偏ります。

そのため、わずかながら姿勢にも影響が出る可能性も。。。

 

些細なこと、わずかな力でも、それが習慣化されると、大きな悪い問題が起きる場合があります。

逆に習慣化することで大きな良い結果を出すこともあります。

矯正治療も、わずかな力を与え続けることで歯を動かします。

 

日々のちょっとした問題、課題に目を向けて、少し意識するだけで、多くのハッピーに出会えるかもしれません。

 

まずは、、、院内のインカムがワイヤレス時代に追いつくことを切に願います。​

10秒で歯磨き完了?! 未来型歯ブラシ

歯磨きをサボってしまうことありませんか?

つい適当に磨いて終わらせてしまう人、多いのではないでしょうか。

結果的に虫歯や口臭、歯周病に悩まされている現代人の悩みを解決してくれそうなのが、

歯磨きツール”Amabrush”です。

 

ブラシのついたマウスピースのようなデザインをしている”Amabrush”。

なんと口に加えてスイッチを入れるだけ。

10秒で全ての歯を全自動で綺麗に磨いてくれる、夢のようなテクノロジーです。

 

抗菌性の素材で作られたブラシ部分は、歯の表面から隙間まで逃さず磨けるようにデザインされ、歯茎へのダメージが少ない柔らかい仕上がりになっているそうです。

大人の男女2000人の異なる顎の形を分析した結果、性別の違いによる顎の形の違いに対して、フレキシブルな素材を使用することで対応できたそうです。

 

また、歯面に45度の角度になるようにブラシを当てる歯科医学に基づいた歯磨き方法の「バス法」に基づいた設計になっていて、設計に際しては歯科医や歯科大学の協力も得ているとのこと。

 

マウスピースの先端には、おしゃぶりのようなバッテリー兼歯磨き粉ポッドを装着します。

ポッドはワイヤレス充電可能。

マウスピースは3〜6ヶ月ごとに交換が必要で、1つ800円程度。

歯磨き粉カプセルは1ヶ月分400円程度で購入できるそうです。

本体価格は約1万円。

 

どうですか?試してみたいですか?

 

虫歯の原因は何??(その1)

皆さんは ”虫歯の原因” が何かご存知ですか?

今日はその中の1つ ”歯垢(細菌の塊)” についてお話します♪

口の中には、ものすごーーく沢山の細菌がいます!便と同等の細菌が、歯垢の中にはいるんです!!!驚きですよね…
その中の1つが、虫歯の原因菌であるミュータンス菌です。

虫歯菌を減らしてあげる方法はなんだと思いますか?考えてみてください。

皆さんが毎日ご飯を食べた後にするアレです!

そう!歯磨き!!
正解です♪

 

歯磨きのポイントはズバリ3つ。

①鏡を見て磨く
できれば、洗面所の鏡ではなく、”手鏡” を使いながら行いましょう!
洗面所の鏡は動きませんよね。自分が顔を近づけなければ、お口の中はよく見えません。
しかし、手鏡ならどうでしょう?手鏡を近づけることでお口の中もよ〜く見えますね♪

 

②1か所15回こする
歯についた汚れは10回未満ではなかなか落ちません。15回こすることで汚れも落ち、ツルツルになります!

 

③磨く順番を決める
皆さんいつもどこから磨いてますか?何となくあっちを磨いて〜こっちを磨いて〜…なんてことはないでしょうか?磨き残しをなくすには、まずは自分でどこから磨くか ”順番” を決めることが大切です!

 
 
《今日からできる3つのポイント》
❶鏡を見て磨く
❷1か所15回こする
❸磨く順番を決める
に気をつけて磨いてみましょう♬

歯ブラシの交換

歯科に関係する記念日がいくつあるかご存知ですか??
実は現在、23個もあります!!
その中でも毎月8日は「歯の日」「歯ブラシ交換デー」となっています。

歯ブラシは消耗品です。
みなさんは歯ブラシの交換のタイミングって決まっていますか??

歯ブラシの交換の目安として、毛先が広がっていないか??が1つのポイントになります。

毛先が広がっていると毛先がきちんと歯面に当たらず、新しい歯ブラシで磨くよりも40%も清掃効率が落ちてしまいます。

たとえ毛先が広がっていなくても、1ヶ月以上同じ歯ブラシを使い続けると、目に見えない雑菌が増えている可能性があります!!!
定期的に歯ブラシを交換する習慣をつけましょう。
歯ブラシをどれくらい使ったか覚えてない!という方、毎月8日の「歯ブラシ交換デー」で交換することをおすすめします!!

PAGE TOP