駐車場について

駐車場をご利用の患者さま、お客さまには、お帰りの際に受付にて駐車券をお渡しします。

 

【駐車券配布対象の駐車場】

センター北駅前地下駐車場(P1)https://goo.gl/maps/eUAC934TZRA2

アビテノール駐車場(P5https://goo.gl/maps/bXwd1QFFBH42

プレミアヨコハマ駅前駐車場(P6)https://goo.gl/maps/d4kS8qu7hT42

なお、土日や駅前でのイベント、セール時期などは特に周辺の駐車場が混雑する可能性がありますのでお気をつけください。

 

 

休診のお知らせ

2019年11月20日(水)~22日(金)は、

日本矯正歯科学会学術大会参加のため休診となります。

また、11月23日(土)は勤労感謝の日のため休診日です。

11月24日(日)は通常通り診療いたします。

皆様にご迷惑をお掛けいたしますが、何卒宜しくお願いいたします。

消費税について

令和元年10月1日より施行される消費税率の変更に伴い

矯正治療費、物販品などの消費税率が
令和元年10月1日から10%に変更となります。

ご迷惑をお掛けいたしますが
何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

クリニック施錠時間のご案内

昼休みの時間帯はクリニックの入り口を施錠しています。

平日午後3時から診療予約の患者さまは午後2時50分以降

土日午後2時30分から診療予約の患者さまは午後2時20分以降にご来院ください。

ご理解ご協力をお願いいたします。

 

《施錠時間》

平日:午後1時~2時50分頃まで

土日:午後1時~2時20分頃まで

 

 

年末年始休診日のお知らせ

明日12月30日(日)〜1月4日(金)まで休診となります。

また、本日12月29日(土)の診療および電話受付は17時で終了いたします。

ご不便やご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

平日午前の診療時間変更について

日ごろより当クリニックにご来院いただきありがとうございます。
2019年1月 から平日午前中の診療時間を変更させていただきます。
皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。
 

平日 10:30~12:00/15:00~19:30 
土日 10:00~13:00/14:30~18:30

休診日:木・祝・日または月

これから風邪の季節ですね。

秋から冬にかけて、気温が落ち湿度が低くなってきます。そうすると風邪の季節到来ですね!

病気は他人からもらう事になりますが、他人にもうつします。家庭や学校で風邪が流行らない様に、以下の事に気を付けましょう。

自分への感染予防:手洗い&メガネ

体内に入る予防:うがい(鼻&口)

感染後の発症抑制:ワクチン

他人への感染予防:マスク

7歳には矯正医を受診する事

アメリカ矯正歯科学会のAAOでは、7歳には矯正歯科医を受診する事を勧めています。

それは、7歳から矯正治療を始めた方が良い、と言う意味では有りません。

実際に矯正治療を始める時期は、永久歯(大人の歯)が増える9〜13歳位が多いのですが、その前に以下の事を見極めるためです。

1:顎の成長の誘導が必要か?

2:前歯をケガするリスクが高くないか?

3:歯並びや噛み合わせを悪くする癖が無いか?

4:歯並びが、本人の自尊心を傷つけていないか?

5:永久歯が生える事を促す必要がないか?

6:唇が閉じれなくなっていないか?

矯正治療に効果的なタイミングは十人十色です。早く始めたからと言って、早く終わるとは限りません。しかしながら、時間は遡れませんので、7歳には矯正歯科医の診察を受けましょう。

インスタグラム見てみましょう!

矯正治療、周りの人はどうしてるのかなぁ?

実際やってる人に話を聞いてみたいけど…

本音が聞きたい人は、是非インスタグラムの中で検索してみて下さい。「#矯正」なら7万件、「#歯列矯正」なら4万件の投稿が有ります。

皆さん自分の「矯正アカ(歯列矯正アカウント)」を作っていて、情報交換やこれから始める人を励ましています。

本音が聞けるので、とっても参考になると思います!

『矯正治療中でも楽器の演奏はできますか︎』

『矯正治療中でも、楽器の演奏はできますか︎?』
 

最近、患者さまからの問い合わせが多かった質問です。

 
楽器の中でも矯正歯科治療をすることで影響があるのは主に“管楽器”です。
 
 
管楽器の中でも、フルートのような木管楽器、シングルリードのクラリネットやサックスは装置に慣れるまでは思うような音が出しにくいかもしれません。
トランペットやホルンのようなカップ型の金管楽器は、くちびるを楽器に押し当てて演奏するため、くちびるの粘膜に痛みが出たり、高音が出しにくいことがあります。
また、サックスやクラリネットのような縦笛系統の楽器は、指しゃぶりと同じような力を歯に与えるため、出っ歯や開咬(かいこう)になりやすく、治療中の歯の動きを妨げることもあります。
 

 
当院で行ったアンケート調査では、95.5%の方が管楽器と矯正治療の両立は可能だったと回答しています。それでも表側のワイヤー矯正では楽器を吹きにくい場合、表側のワイヤー矯正ではなく、裏側のワイヤー矯正にすることで問題を解消されている方もいらっしゃいます。また、もっと違和感が少ない方が良い方や、いざという時に外して演奏できた方の場合は、治療の大半をアライナーという透明なマウスピースで矯正し、歯にワイヤーが付く期間を最小限にする方法もあります。
 
お悩みに合わせた治療プランのご提案、変更ができますので、お気軽にご相談ください。
 
 
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
 
 
A.『矯正治療中でも楽器の演奏はできます。ただし、楽器の種類によっては慣れが必要です。』
 
PAGE TOP