こうざき歯列矯正クリニックの採用理念

採用理念イメージ

「こうざき歯列矯正クリニック」の
人事への考え方

私たちは「ヒトを育てる事ができる人を育てたい!」と考えます。

私たちの理念に共感してくれて、一緒に成長したい!と考える人を採用します。

こうざき歯列矯正クリニックは、「人が育つ場所」を作りたいと考えています。

その為には「ヒトを育てる事ができる人」が必要です。もちろん、いきなり他人を育てる事なんてできません。先ずは自分が育ち、周りの人と一緒に成長し、やがて患者さんや後輩を育成していく事ができます。

矯正治療に関しては、歯の移動メカニズムの基礎から始まり、従来のマルチブラケット法からリンガル(舌側矯正)やアライナー型歯科矯正装置を用いた抜歯症例に至るまで、本当の専門家にしかできない矯正治療が自分の力で成功させる事が可能です。

大学の基礎研修とは全く違う、「シェアード・ディシジョン・メーキング」を診療上の基本理念としています。

また、どんな人生にも仕事にも未来があり、その未来は今この瞬間だけを見ていては実現しません。自らが行う治療に止まらず、歯科医師や歯科衛生士と云う資格上の仕事だけではなく、リーダーや幹部、最終的に医療法人理事となり、医院運営にも参加して頂く事が可能です。

私たちと一緒に、顧客や自分の為だけでなく、後輩や社会への貢献のためにも「ヒトを育てられる人」になりませんか?

私たちは「仕事」のありのままを見せ、リアルな採用を行います。

真の矯正歯科医療の実態は、大学病院では一切学ぶ事ができないと言っても過言ではありません。

歯科医師、歯科衛生士、事務マネージャー、診療補助スタッフ、みんなそれぞれの分野を自らの力で分業し、完結できる事で組織的な仕事ができます。

大学や日本の学会などでは、治療法に対する講義やトレーニングしか行われず、社会人として「仕事」ができる状態にはなれません。

特に、矯正歯科や美容医療の実態と大学教育には大きなギャップがあると思います。また、クリニックの見学に参加した方の多くは、想像していた以上に顧客から受ける「仕事」の多様性に驚いています。院内見学をして納得の上で、名だたる大学からもドクターや衛生士の応募が来ているのが事実です。
それは、学校の授業や病院実習、大学の医局で行われてい仕事とは大きくかけ離れた、真の医療現場の姿がここに有るからです。

私たちは「本気」かつ「真剣」な採用を行います

私たちが顧客に最高かつ最良の医療サービスを提供するためには、それは間違いなく「人財」です。

言い換えると、最高・最良の医療サービスを目指す人材を採用し、育成することができれば、必ずそれが実現できると信じています。だからこそ、人材育成は私達の仕事そのものであり、情熱をもって本気で取り組んでいます。

だからこそ、仕事の事を「本気」で考えている人を求めています。
もし自分が治療を受ける側であれば、「本気で真剣」な人にお願いしたいと思います。

こうざき歯列矯正クリニックの使命(ミッション)

医療法人として三方良しを実現する

私たちの組織は、「医療法人」です。

あなたは医療法人という言葉を聞いた事があると思います。

医療法人とは、法律で「自主的にその運営基盤の強化を図るとともに、その提供する医療の質の向上及びその運営の透明性の確保を図り、その地域における医療の重要な担い手としての役割を積極的に果たすよう努めなければならない。」と定められています。

簡単に言うと、クリニックは院長個人のモノでは無く、社会への貢献を目的とした公的な存在です。

「自主的に運営基盤を強化」する事で、日本の医療経済が崩壊すると言われている現在でも安定した経営を行い、得られた利益を国に納税する事で、今後の日本を支える一つの力となる事が重要なミッションだと考えています。現に2019/11には税務署の監査が行われましたが、2日間にわたる監査の結果、不正な財務管理は無い事が公にも証明されました。利益をごまかしたり節税をする事なく、得られた利益は社員の育成に費やす事が必要だと考えています。

得られた利益を社員育成に費やす事で「提供する医療の質の向上」を図り、社員および社会への経営状態の公開により「運営の透明性を確保」し、結果的に「地域における医療の重要な担い手」となる事を積極的に目指します。

これが「医療法人」の本当の役割なのです。

つまり、単に「お客様満足」だけでなく、納税や専門医療を社会へ提供する事での「社会貢献」、安全で確実に結果を出せる「スタッフの育成」の3つが揃う、「三方よし」を目指します。

三方良し

こうざき歯列矯正クリニックの過去と未来(ビジョン)

1999年 開業

1999年〜2006年 個人事業

2006年 医療法人化、 10年以上年間治療開始患者数平均300人

2008年 リーマンショックにより4,000万円の大赤字(その後復活!)

2011年~2015年 院長依存型ではなく、各勤務医が相談から保定までを行える診療システムの確立

2016年〜現在 歯科医師依存ではなく、クリニック全体の組織化による運営と人材育成への挑戦

未来像(ビジョン)①:2020年〜成長したスタッフによるサテライト・クリニック自律運営を開始

未来像(ビジョン)②:〜2025年 本院以外に複数のサテライト・クリニックを運営する。法人本部がマネージメントを請負い、横浜北部地域でのドミナント戦略による専門的な矯正&美容歯科医療サービスの安定的な提供と納税、法人本部研修後のステップアップとして後輩育成やクリニック運営を社員のみで行う。

未来像(ビジョン)③:2040年 国の規制緩和により医療法人への第三者からの投資が可能となり、当法人を含む複数の当院OBや関連IT企業によるホールディングス化が実現し、売上規模数十億、総社員数100人以上の歯科医療では日本有数の規模となり、時代の流れに沿った歯科医療を社会へ提供する。

100年続くクリニックの実現、経験の蓄積によるスタッフの長期就労の実現、新人社員から法人トップになるまでのキャリアパスを実現していきます。